掃除機 おすすめ

2017/02/22 01:05:22 | 掃除機 おすすめ
数あるクリーナーの中には、単純にゴミを吸引するだけではなく、そこに追加を付け加え、どんどんしっかりと汚れを取り除く機能を搭載した商品もあります。例えば、特殊クリーナーに言える「スチームクリーナー」もそのひとつです。床に付着している汚れは、例えばホコリのように、簡単に吸いこむことができるものもあれば、床にこびりついて実に捲れない汚れもあります。こびりついた汚れはかなり厄介で、クリーナーで吸いこむのは困難なケースも多いものです。クリーナーではムリとなると拭き掃除をすることになりますが、ではなぜ拭き掃除が有効なのかというと、水分を含ませ、それによって汚れを浮かしてふき取ることにより、こびりついた汚れ...
2017/02/20 01:05:20 | 掃除機 おすすめ
クリーナーとひとくちにいっても、その形状や大きさは様々です。中には、クリーナーとは一線を画すほど、コンパクトな商品があります。いわゆる「キャニスター型」と比べると、価格も非常に安価で、片手で使えるほど軽量なクリーナー。それが、スティック型、もしくはハンディ型と呼ばれるクリーナーです。これらの商品は、クリーナーという分類に入れるか否か、微妙なラインです。パワーの面においても、キャニスター型のクリーナーとは大きく異なるので、用途も自然と変わってきます。従って、クリーナーと称する商品群に含まれることもあります。とはいえ、クリーナーという定義から逸れているわけでも無く、クリーナーとして扱われていること...
2017/02/18 01:05:18 | 掃除機 おすすめ
国内の家電製造会社の中それでは、そこそこ地味な存在だったシャープ。1912年創業、1935年設立の老舗ですが、電卓や太陽電池、あるいは電子辞書やFAXなど、家電というよりは、雑貨という商品が強いというイメージを持ち歩いている人が多かったように思います。本当に、家電のメインストリームの分野においては、内部の部品を創ることには長けているものの、ブランド力という点においては他の製造会社に主役を譲っているという印象が手強い製造会社でした。それが一変したのは、2000年代初頭。液晶テレビ「アクオス」の誕生です。前もって、携帯電話のモニターなど液晶部門の開発には強かったこともあり、このテレビは大ヒット。お...
2017/02/16 01:05:16 | 掃除機 おすすめ
日本を代表する家電メーカー、東芝。テレビ、パソコン、エアコン、洗濯機、冷蔵庫…ありとあらゆる分野の家電製品において、その会社名を見ないということは弱いくらい、広い分野での開発、販売を通しているという点においては、他のメーカーを圧倒していると言っても良いくらいの企業です。こんな東芝のすさまじい点は、時代へのフレキシビリティに尽きます。国内メーカーの中それでも屈指の歴史を持つ東芝は、その積み重ねが糧となる一方、時代遅れになる可能性も含んでいます。老舗が終始秘める問題です。ひとつの技術、ひとつの商品に縛られて、発展性を失い歩みを止めて仕舞う…分野によっては、でもやっていける、かえってそうでなくてはな...
2017/02/14 01:05:14 | 掃除機 おすすめ
三菱というと、有名電気機器メーカーの中それでは、堅実という印象が手強いメーカーです。清潔感があり、大きい信頼を詰めるユーザーが多い会社で、その母体の強さは日本もトップクラス。安心を買いたいという人には、お薦めのメーカーです。また、「空気」を向き合う商品が手強いというイメージもあります。空気清浄機やエアコンなどがそうですね。そうして、同じく「空気」を賄うバキュームクリーナーもまた、力を入れているという印象です。そういう三菱のバキュームクリーナーの特徴としては、「使いやすさ」にあります。といっても、これだけだと他のメーカーにも当てはまることですね。三菱の場合は、「日本人の気質に合った使いやすさ」を...
2017/02/12 01:05:12 | 掃除機 おすすめ
サンヨーは、日本を代表する電気機器製造会社の中まずはたいして分野が偏っている傾向が見受けられます。例えば、テレビやパソコンなどに関しては、必ずしも他の人気製造会社に勝っているとはいえませんが、炊飯器や冷蔵庫、エアコンという、いわゆる「白もの家電」は無類の強さを誇っています。こんなサンヨーは、バキュームクリーナーの分野もそれほど力を入れてあり、数多くの商品が世に出ています。サンヨーのバキュームクリーナーの特徴としては、ずっと進化しているという点が挙げられます。やはり有名なのは、サイクロン方式の進化です。独自の構造によって開発されたサイクロン方式のバキュームクリーナーは非常に高い人気を誇ってあり、...
2017/02/10 01:05:10 | 掃除機 おすすめ
家電製品を選ぶ基準として、製造会社で選ぶという方法があります。この選び方はバキュームクリーナーとか、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコン、あるいはパソコンや扇風機など、ありとあらゆる電気製品に対して用いられています。おんなじ分野、同じ種類の製品であっても、作っている会社が違えば自ずとその品質や特徴は異なってきます。そのため、製造会社で選ぶということはくれぐれもブランド買いではなく、ひとつの判別手段として得るのです。ただ、近年において各製造会社の技術の差はあまりなく、それぞれの製造会社がどの部門に、あるいはどこに力を注いでいるか、という点…すなわち「個性」で選ぶことになるでしょう。重要なのは、自分が...
2017/02/08 01:05:08 | 掃除機 おすすめ
紙パック方式と、サイクロン方式。現在の日本におけるバキュームクリーナーの多くあるこの2つのバキュームクリーナーには、それぞれにメリット、デメリットがあります。本当に紙パック方式ですが、30年以上の歴史を覚え、また多くいられるという時点で、とっくにひとつの出来栄えであるといえます。何より大きな特徴は、その理に適っている構造です。紙パックを配置することでそれ自体がフィルターの役割を果たすため、ニオイや細かいホコリもシャットアウトしてもらえる。また、紙パックにゴミが溜まったら、簡単に振り捨てることができる点も魅力です。ゴミに直接さわること無く捨てられるので、衛生面も優れています。ひいては、価格も安価...
2016/12/17 17:03:17 | 掃除機 おすすめ
家電製品の主力とも当てはまるクリーナーは、様々な種類が開発されています。これは、家の移り変わり、あるいは社会の在り方が変わってきたことで、掃除機を使う人、時間帯、環境といった点がグングン多様化した結果です。そのため一層細分化され、それぞれの強みを持ったクリーナーが多数誕生しています。そういったクリーナーの分類を見ていきましょう。一層、用途による分類です。クリーナーは、基本的には「家庭用クリーナー」「業務用クリーナー」「産業用クリーナー」の3つに分かれます。家庭用クリーナーは、一般家庭で使用するクリーナーです。ほとんどの人は、このクリーナーを普段から「クリーナー」として認識しているでしょう。業務...