水中メガネ おすすめ

2018/01/09 01:05:09 | 水中メガネ おすすめ
乳幼児がいると、川や池などで生きものを捕まえたり見晴らしたりする機会があると思います。それでも、川や池の水の中に顔をつけて見分けるのに、些か抵抗があるかもしれません。そんな時にお薦めなのが、手作りの水中メガネです。身近にあるもので簡単に出来るので、とにかく乳幼児と共に作って、魚やザリガニなどの水の中の生きものや、綺麗な石や変わった形の石、貝殻などを探し出しに出かけましょう。手作り水中メガネの材料は、牛乳パック、厚めのラップ、輪ゴム5〜10個で、扱う道具は、はさみです。作り方は、予め、牛乳パックを乳幼児の身長などに合わせて好みの長さにカットし、ラップをシワにならないように丁寧にかぶせます。次に、...
2017/12/26 01:05:26 | 水中メガネ おすすめ
「ダイソー」は、100円ショップとしてだいぶ有名です。日用品や文房具、コスメティックス、おもちゃ、食品など、私たちの生活に必要なものが数多くそろっています。また、季節のグッズも豊富に取りそろえてあり、夏のグッズとして水中メガネも売っています。プールや海で書かせない水中メガネは、スポーツ用品店やモールなどに1,000円前後で、素晴らしいものだとそれ以上の価格で販売されていますが、100円ショップも手に入るなんて信じられない、という人も多いでしょう。ダイソーの水中メガネは、子ども用のものだけでもさまざまな種類があり、カエルやひよこなどの良い動ものの形になったものや、カラーもうだうだあるので、子が喜...
2017/12/18 01:05:18 | 水中メガネ おすすめ
ほとんどの公共プールやフィットネスクラブのプールでは、メイクをしっかり洗い流すことが決められています。そのため、毎日メイクを通している女性なら、幾らか抵抗があるかもしれません。女性はどんな時も自分を一段と美しく見せたいものですよね。美しく上るためにプールへ通おうと思っても、そのプールに入るためにはノーメイクにならないといけないとなると、何だか始められない女性も多いと思います。あんな女性の悩みを解決するために、女性だけの開発チームが設計したおすすめの水中メガネがあるのです。それがVIEWの「VIEWFRAU」です。目元は、人の第一印象を決定づける要素として大きなポイントとなります。そうして、目元...
2017/12/06 01:05:06 | 水中メガネ おすすめ
7歳〜12歳のこどもで、記録会で良い結果を目指すジュニア選手には、飛び込んだりターンをしたりしても、抵抗がなく逸れ辛い水中メガネが必要です。では、子供用の競泳の水中メガネとしてオススメのSWANSの「SR-11J」を紹介します。SR-11Jは、7歳〜12歳のこどもの身体的な特徴を調べて凹凸の少ない形状になっています。できるだけ顔に密着してゴーグルが顔の一部となるように設計されているので、視野も大きく確保することができます。一段と、見た目も顔や体格に馴染み、違和感はもらいさせません。SR-11Jは、クッションのないノンクッションゴーグルですが、顔に当たる部分が痛むこともありません。ノンクッション...
2017/11/25 01:05:25 | 水中メガネ おすすめ
水中メガネを長く安全扱うために、守ってほしい注意事項を確認してください。スイミング専用の水中メガネは、水泳や水の中での運動以外の用途で使用しないで下さい。潜水用としても危険なのでやめましょう。また、泳ぐために作られているので、衝撃などから目を続けることを目的とした道具ではありません。そのため、プールや海で泳ぐ時は、他の人にぶつかったり壁などに衝突したりしないように注意してください。使用する前には、ベルトやクッションがはずれていないか、その他の部品に破損がないかなどをよくチェックして下さい。快適に泳ぐためには、水中メガネが顔に程良くフィットするように、後頭部のベルトや鼻ベルトの長さを調整してくだ...
2017/11/13 01:05:13 | 水中メガネ おすすめ
水中メガネを通して泳ぐと、途中で水が入って前が見づらくなったり、目が痛くなったりして仕舞うことがありますよね。それは、水中メガネの付け方が正しくないからなのです。まずは、水中メガネの規則正しい付け方を紹介します。ともかく、レンズの部分だけを目の部分に当てて、そしたら後ろのバンドの部分を頭に回します。この時、水中メガネとバンドの部分が一直線になるように気をつけましょう。ほとんどのゴーグルに上下はないですが、トレーニングゴーグルなどの一部のものに上下で形の違うことがあるので、注意してください。先にバンドを頭の後ろにかける人も多いですが、レンズを先に向ける方がバンドを調整し易くなります。また、バンド...
2017/03/21 13:35:21 | 水中メガネ おすすめ
プールを楽しむために必要な“水中メガネ”ですが、スポーツ用品店などに行くとさまざまな種類の水中メガネが販売されています。たいして多くあると、自分に合っているのがどれなのか、迷うと思います。私たちの目は、水の中で視界を確保できるようになっていないので、水中で肉眼だと、ぼやけたり視界が歪んだりしてしまいます。そこで、水中での視界をクリアにしてくれるのが水中メガネなのです。水中メガネは視界を確保することで、人と接触するなどの兆候を回避したり、水泳技術を向上させたりすることにつながります。また、プールの中には塩素が含まれているので、水中メガネ無しだと眼球を傷つけてしまう可能性があります。当然、十分に希...