換気で湿気対策

換気で湿気対策

前回までの記事で、大概の湿気の原因がわかっていただけたと思います。

 

一般的には、悪天候が続いたような場合にだけ屋内で見受ける程度の湿気であれば、単なる対策をするだけで気持ちよく過ごすことは出来ます。

 

そのひとつがお部屋の換気です。

 

たかが換気とバカにしてはいけません。

 

空気の通り道を作り、部屋にこもっていた濁った空気を入れ替えするということは、新鮮な空気を浚えるというだけでなく、湿気がこもって仕舞うことも防いでもらえる。

 

近年は、家の窓を開けて換気をするということが減ってきましたね。

 

やはり、エアコンや換気扇などでも換気は出来るのでしょうが、一日に1〜2回程度は、各部屋の窓を凄まじく開けて、家全体の風通しを良くしてみませんか。

 

できるだけなら、押し入れの戸なども全部開け放つと良いでしょう。

 

換気を通して、ある程度風通しを良くしておくだけでも、押し入れや便所、洗濯機置き場などの湿気は確実に減ります。

 

湿気というのは、空気の循環が少ないところにこもって仕舞うものでもありますからね。

 

換気をする際に気を付けたいのは、空気の通り道を作らなくてはいけないということです。

 

どういうことかと申しますと、例えば、締め切ったお部屋の窓を一か所だけ開けても、空気は全然循環しません。

 

二か所あるのなら、両方を開けないといけませんし、一か所しかないのであれば、ドアを開けて空気の通り道を作ってあげましょう。

 

どのお部屋もそのようにして、玄関も開けると良いでしょう。

 

朝食、あるいは昼下がりと、夕食の支度後などにこの対策を行うことで、家にこもるはずだった湿気の大半が、外に流れてゆきます。

 

空気も新鮮になって気分も良いですよ。

 

 

 

除湿剤で湿気対策

室内の換気をよくすることで、家全体の湿気が解放され、気分的にもすっきりするのがご自身でも体験していただけたのではないかと思います。

 

ただし、でもどうしても空気の循環が悪いところは存在しますし、毎日のように換気を通していても、直ちに湿気がたまって仕舞う場所というのも確かに存在します。

 

そのようなところの湿気対策としては、どんな方法がありますか。

 

もっともお手軽なのは、市販されている「除湿剤」ではないかと思います。

 

上部にはちっちゃなつぶつぶの薬品が入っていて、下部に湿気のもととなった水が溜まるようになったタイプのものですね。

 

これは、ただ、湿気が多いと受け取るところにやや捨て置くだけで、水がたまってゆきます。

 

直ちに水が溜まるようですと、その部分は湿気が多いということになりますし、かなりの時間がたっても、決してたまっていないということになりますと、その部分は大して湿気がないということになります。

 

ご自身の目で見て、どれだけ水がたまったのか・・・つまり、湿気が多かったのかがわかりますから、非常に便利です。

 

ただ、捨て置くだけ、というお手軽さも良いですね。

 

除湿剤を使用した湿気対策は、押し入れの中や、クローゼット、靴箱、キッチンのシンク下、食器棚、などが適していると思います。

 

トイレや洗濯機置き場にも、お手軽に据え置くことは出来ますが、あっという間に水がたまってしまう。

 

経済的に効率が悪いかもしれませんが、ジメジメした感じが終始あるようでしたら、置いてみるのも良いでしょう。

 

その際には、除湿剤を置くだけでなく、こまめな換気も忘れずにするように心がけてください。

 

 

 

湿気取りシートで湿気対策

前回の除湿剤というようなものだが、「湿気取りシート」というものがあります。

 

呼び方としては、他にも「除湿シート」や「乾燥シート」などと言われる場合もあります。

 

前回お話いたしました除湿剤は、たいがいプラスティックの容器で作られているのですが、湿気取りシートは、シート状になっている除湿剤と言えば、わかりやすいでしょう。

 

湿気取りシートの良いところは、小さくて面積が大きいところです。

 

また、吸い取った湿気を水のままためるのではなく、ジェル状として固めてしまうので、誤ってこぼれて仕舞うということもありません。

 

除湿剤の場合は、リライアビリティのない場所に置いてしまうとこぼれる場合がありますので、注意が必要ですが、湿気取りシートは、どこにでも据え置くことが出来ます。

 

その形状から、ほんの数センチの隙間があれば、そこにセットして捨て置くこともできますから、さまざまな場所の湿気対策に有効だということになります。

 

例えば、押し入れなどには大変良いですね。

 

普通の除湿剤ですと、毎日の布団の出し入れによって、たまった水をこぼしてしまうかもしれません。

 

それに、シート状ですから、布団全体の湿気を均等にとってくれそうですね。

 

また、クローゼットと壁の隙間に使用するのも大変、望ましい方法です。

 

それほどすることによって、クローゼットの中の衣類にも湿気が付きませんし、壁側にカビが生えるということも無くなるでしょう。

 

あまり掃除をすることのない場所だから、カビの発生に気が付かないかたも多いのです。

 

シート状ですから、靴箱や食器棚にもとても便利ですね。

 

工夫次第でダラダラ使えますから、あなたなりの湿気対策をお考えください。

関連ページ

湿気とは
湿気の原因(3)、イベント大好きコロマン
炭で湿気対策
重曹で湿気対策、イベント大好きコロマン
お菓子や乾物の乾燥剤で湿気対策
布団の湿気対策、イベント大好きコロマン
ベッドの湿気対策
収納ボックスの湿気対策、イベント大好きコロマン
床下の湿気対策(1)
庭の湿気対策、イベント大好きコロマン
髪の毛の湿気対策
紙類の湿気、イベント大好きコロマン
手作り除湿剤(1)
手作り除湿剤(2)、イベント大好きコロマン