湿気とは

湿気とは

毎年、梅雨時期になりますと、湿気が強くてみなさん、嫌がりますね。

 

湿気というのは、空気中に漂っている水分のことを言います。

 

梅雨の時期は雨が多いですから、必然的に空気中に水分が多くなってしまう。

 

もちろん、梅雨の時期ではなくても数日間、雨の日が貫くと同じように空気中の水分が増加しますから、湿気が多く不快に感じてしまいます。

 

また雨でなくとも、日当たりの腹黒いお部屋などは始終湿気がこもっています。

 

一般的なご家庭ですと、バスルームは最も湿気の多い場所ですね。

 

毎日、お湯やお水を使用する場所だから当然です。

 

絶えず湿気がこもっていますから、乾燥させる対策として換気扇を随時回しているお宅も多いことでしょう。

 

でも、一軒家のかたはバスルームに窓がある場合が多いですから、いまいち神経質になることもありませんが、マンションやアパート暮らしのかたは、窓がある場合の方が少ないでしょう。

 

となると換気扇しか寄りかかるものがないですから、ちゃんと大変です。

 

早く乾燥させようとバスルームのドアを開けっ放しとしてしまいますと、脱衣所やそばのお部屋に湿気が充満してしまい、カビなども生えて仕舞うようになります。

 

結果的には家にもよくないので手早く傷んでしまいますし、人の健康にも悪い影響を及ぼすということになるのです。

 

そうならないためにも、このブログでは湿気やその対策について何だかんだ、アイディアを醸し出し、考えてゆきたいとしています。

 

これからはとうに湿気が怖くない生活を送ってゆきたいものですね。

 

 

 

<項目>
湿気とは
湿気を感じる場所
湿気の原因(1)
湿気の原因(2)
湿気の原因(3)
換気で湿気対策
除湿剤で湿気対策
湿気取りシートで湿気対策
炭で湿気対策
新聞紙で湿気対策
洗剤で湿気対策
重曹で湿気対策
お菓子や乾ものの乾燥剤で湿気対策
除湿機で湿気対策
エアコンで湿気対策
布団の湿気対策
ベッドの湿気対策
靴の湿気対策
畳の湿気対策
収納ボックスの湿気対策
床下の湿気対策(1)
床下の湿気対策(2)
もの置の湿気対策
庭の湿気対策
髪の毛の湿気対策
湿気とダニ
湿気とカビ
紙類の湿気
手作り除湿剤(1)
手作り除湿剤(2)

 

 

湿気を感じる場所

あなたの家の中で湿気を感じる場所というとどこでしょうか。

 

初めて、最初に言えるのは、どこのご家庭もバスルームでしょう。

 

とくに窓のないバスルームは、湿気が絶えず充満しているところです。

 

他は・・・どうしても水をたくさん使用する水回りでしょうか。

 

便所や洗濯機置き場、そしてキッチンなどですね。

 

便所や洗濯機置き場にも窓のないご家庭は多いでしょう。

 

集合住宅のかたは、あまり、ないでしょう。

 

清潔が第一のキッチンさえ、窓のそばではなく、家の奥の方に作られているのが、近年のマンションですからね。

 

本来であれば、一番清潔にしておきたい水周りが、湿気でカビが生えたり、カビ臭くなったりしているのではないでしょうか。

 

断然、念入りに対策を施して下さいと思います。

 

ほかに、湿気がこもっているところは、依然ありますか。

 

お手洗いに湿気がこもっているお宅もあるかもしれませんね。

 

ここも、水を使用する場所ですし、集合住宅では窓がない場合が多いです。

 

あとは、日の当たらないお部屋や、バスルームもののお部屋などでしょう。

 

そうして、各お部屋の中けれども、押し入れの中が湿気のみだというかたは多いです。

 

朝、起きてすぐに汗を吸った布団を押し入れにしまいこんでいると、あっという間に押し入れは湿気だらけになってしまいます。

 

また、意外なところで、床下がうっとうしいというかたがたいして多いですが、あなたの家ではいかがでしょうか。

 

階数でいいますと、一階に住んでいらっしゃるかたは、湿気で悩んでいる場合が多いですね。

 

ところで、家の中の湿気とは、どんなことが原因となってしまうのでしょうか。

 

対策を考える前に、次回、その部分をちょいご紹介しておきましょう。

 

 

 

湿気の原因(1)

湿気の対策を考えるためには、特に原因となることを突き止めなくてはなりません。

 

湿気の原因はいくつか考えられます。

 

前もって、これまでにもお話してきましたとおり、家全体の日当たりが悪いというのは致命的です。

 

どのお部屋にも日が当たらないような家ですと、湿気がこもって無論という感じになってしまいます。

 

家を購入したり、借りたりする場合には、そんな部分に返す返すご注意ください。

 

極めて日当たりがありませんと、湿気対策も簡単にはいきません。

 

現場にいる時間が長いかたは、家の日当たりをきちんと重視しない傾向にあるようですが、湿気のこもった家は一概に申しまして住みづらいものです。

 

また、何らかの理由から、洗濯ものを外に干さないで、家の中に部屋干しする習慣のあるかた。

 

そんなかたの家も、非常に湿気がこもり易いです。

 

ですが、洗濯ものを乾かすお部屋が、大変、日当たりがすばらしく、風通しも可愛いお部屋であるのならば、それほど問題はありません。

 

そうでないお部屋の場合は、油断しますとすぐにカビが発生してしまいますから、気を付けてくださいね。

 

そうして、前回もお話いたしましたが、朝起きてすぐに布団をたたんで、押し入れにしまいこんで仕舞うかた。

 

そんなかたの押し入れは、だいぶ湿気がこもっているはずです。

 

お部屋がカラッとしていても、寝具がジメジメしていたのでは、良い睡眠を食べることができませんから、これも要注意です。

 

また、押し入れにしまいこんでいる他のものにも湿気が影響してしまいますね。

 

湿気の原因はともかく水分ですから、これをお部屋の中に溜め込まないようにすることが何よりも重要であるということになります。

 

 

 

湿気の原因(2)

前回に引き続きまして、湿気の原因を探ってゆきます。

 

前回、ご紹介いたしました湿気の原因というのは、どなたでもアッという間に思いあたるようなものが多かったと思いますが、今回は、しばし細く見てゆくことにします。

 

あんまり、こんなところにも湿気の原因があったのかと、驚くかもしれません。

 

ちっちゃな原因であっても、いくつも重なれば大きな湿気が発生することにもなりますし、原因を覚えておくだけで、対策も一段とやりやすくなってゆきます。

 

まずは、すぐさままいりましょう。

 

特に、ほとんどの家で使用している炊飯器。

 

炊飯場合ここから起こる蒸気が、けっこうな湿気となることを考えたことがございますでしょうか。

 

そうして、炊飯器だけにとどまらず、食事の支度の際のお鍋やヤカンなどから挙がる水蒸気もすべて湿気の原因となっています。

 

少なくとも、キッチンでは換気扇を回すようにしましょう。

 

また、キッチンで食器洗い機を使用していらっしゃるかた・・・食器を洗ったあとの乾燥ときの水蒸気がたくさん放出されています。

 

そのあたりまで考えたことは今までございましたか。

 

一段と、アイロンがけをよくするお宅では、アイロンのスチームもかなり湿気の原因になっています。

 

このように、毎日、ごく普通に行っている家事も水分がたくさん放出されています。

 

今回、ご紹介したものだけであっても、かなりの水分量だということ、察しが付くのではないかと思います。

 

但し、これらはどれをとっても、日々必要なことですので、控えるに関してにはいきません。

 

その分、対策もなんだかんだ考えなくてはなりませんね。

 

 

 

湿気の原因(3)

湿気の原因として、前回は、毎日の家事から出る水分についてお話いたしましたが、いかがでしたか。

 

あまり取りこぼしがちなものが多かったのではないでしょうか。

 

本日は、一段と見逃しがちであるような原因をご紹介いたしましょう。

 

家に中の水場というと、いろいろありますが、最も湿気を発し易いのがバスルームです。

 

ドアの開け閉めは迅速に行わないと、バスルーム内部の湯気が全部、外に出てしまって、一大ことになってしまいます。

 

バスルームの湯気は温度が激しく、とっくに水蒸気になっているものところが、トイレや洗濯機にくっついている水滴もまた、間もなく蒸発して湿気になるということを考えたことはありますでしょうか。

 

無論、キッチンのシンク周りの水滴も同じです。

 

実に湿気でお困りのご家庭では、使用後にこのような水滴も、拭き取っておくのが素晴らしいのです。

 

どんどん驚くべきことに、家の中で植ものを育ててあるかた。

 

その植ものも生きている以上、正しく呼吸を通しているのです。

 

つまり、水蒸気を発生しているのですね。

 

切り花であっても同じですし、水耕栽培や鉢植えも同じです。

 

切り花であれば、それを挿している花瓶の水も蒸発しますし、水耕栽培の水も蒸発します。

 

鉢植えの場合には、土が水分を含んでいますから、そこからも蒸発してゆきます。

 

そんなに考えますと、必然的に対策も考え付いてゆくでしょう。

 

極めつけは、人間です。

 

人間の吐息や汗も水分ですね。

 

冬に、窓が吐息で曇ったりすることがあります。

 

あれだけの水分を家にいる間中、あていることになるのです。

 

こればかりは、対策のしようもありませんが、湿気の原因が、本当はこんなところにもあったのだということが、お分かり頂けたと思います。

関連ページ

換気で湿気対策
湿気取りシートで湿気対策、イベント大好きコロマン
炭で湿気対策
重曹で湿気対策、イベント大好きコロマン
お菓子や乾物の乾燥剤で湿気対策
布団の湿気対策、イベント大好きコロマン
ベッドの湿気対策
収納ボックスの湿気対策、イベント大好きコロマン
床下の湿気対策(1)
庭の湿気対策、イベント大好きコロマン
髪の毛の湿気対策
紙類の湿気、イベント大好きコロマン
手作り除湿剤(1)
手作り除湿剤(2)、イベント大好きコロマン