ツインバードの掃除機

ツインバードの掃除機

クリーナーとひとくちにいっても、その形状や大きさは様々です。

 

中には、クリーナーとは一線を画すほど、コンパクトな商品があります。

 

いわゆる「キャニスター型」と比べると、価格も非常に安価で、片手で使えるほど軽量なクリーナー。

 

それが、スティック型、もしくはハンディ型と呼ばれるクリーナーです。

 

 

これらの商品は、クリーナーという分類に入れるか否か、微妙なラインです。

 

パワーの面においても、キャニスター型のクリーナーとは大きく異なるので、用途も自然と変わってきます。

 

従って、クリーナーと称する商品群に含まれることもあります。

 

 

とはいえ、クリーナーという定義から逸れているわけでも無く、クリーナーとして扱われていることも充分あり、随分分類に参る商品です。

 

ただ、その使い勝手は非常によく、最も独り暮しにはお薦めの商品です。

 

 

そういうスティック型のクリーナーの代表的なメーカーといえば、ツインバードです。

 

ツインバードはスティック型だけでなく、キャニスター型のクリーナーも開発、販売していますが、やはりシェアの面ではスティック型が圧倒的です。

 

 

メーカー全体で安価な商品の開発をコンセプトとしているのか、10000円を超える商品はほとんどありません。

 

キャニスター型であっても例外ではなく、他のメーカーと比べるととても安っぽいクリーナーを売り出しているのが特徴です。

 

スティック型になると、3,000円以下で購入可能なほどリーズナブルです。

 

そのため、コストをやはり最小限に抑えたいという人にはお薦めのメーカーです。

 

 

 

ダイソンの掃除機

紙パック方式とサイクロン方式の2大体勢になって久しいバキュームクリーナー市場。

 

その中のひとつであるサイクロン方式は海外からの輸入品であり、それを参考に国内でも開発が進んだ結果、スタンダードなものとなりました。

 

そうして、そのサイクロンの本元であるメーカーが、ダイソンです。

 

 

ダイソンのバキュームクリーナーというと、一時期は飛び抜けた評価を得て、国内のメーカーのシェアも脅かした家電業界の「黒船」でした。

 

サイクロンを生み出したことだけでなく、買いに来た人の目を惹く迫力あるデザインも、購買欲を刺激する理由のひとつとなっています。

 

単純な魅力の凄まじさに加え、捕塵率の高さもアピールしてあり、バキュームクリーナーとしての性能の高さから、様々な局でお薦め商品として紹介され、一時期はバキュームクリーナーの代名詞的存在にまでなっていました。

 

 

ただ、近年は国内メーカーが追随し、サイクロン方式のバキュームクリーナーが主流になったことで、ダイソンというメーカー自体のうまみは以前ほどではなくなっています。

 

なにより、音がおっきいという点において、集合住宅の多い日本には少々不向きという面がクローズアップされるようになり、以前ほどはシェアを伸ばしていないのが実状です。

 

とはいえ、昔取った杵柄ではないですが、やっぱり魅力の高さ、パワーという点においてのイメージは依然として根強く、一定以上の人気は確保しています。

 

 

ダイソンのバキュームクリーナーの代表機種は、「DC12」シリーズ、「DC12 plus」シリーズ、「DC22」シリーズ、「DC26」シリーズといったところです。

 

近年まずは、パワーを維持しつつコンパクトな商品も出てきてあり、日本でも十分にお薦めできるバキュームクリーナーも増えています。

 

 

 

掃除機とハンディクリーナー

様々な種類のクリーナーが開発されてきている中、通常のクリーナーとは一線を画している商品もたくさん市場に出てきています。

 

いわゆる「特殊クリーナー」ですね。

 

例えば、ハンディクリーナーもそのひとつです。

 

今でこそ普及して多くの一般家庭で使用されているハンディクリーナーですが、販売当初は注目を取り集めることはありませんでした。

 

 

やはりこのハンディクリーナーに対して懐疑的だった点は、取り敢えずネームバリューです。

 

片手で簡単に持てるようなクリーナーがどれほどのパワーを所持しているのか、という疑問は無論です。

 

いざ、発売当初のハンディクリーナーは、通常のクリーナーとは比較にならないほどネームバリューが低く、机の上を掃除するも結構ゴミを吸い取ってくれないという苦情が多かったようです。

 

ただ、それは再び過去の話です。

 

現在のハンディクリーナーは非常にネームバリューが上がってきてあり、机の上や車などを掃除する上では総じて不自由を感じることはありません。

 

 

近年まずはより携帯性を吊り上げるため、コードレスの商品が増えています。

 

それによって外出時や外の倉庫などの掃除にも使用出来るようになり、急激に利便性がのぼりました。

 

ネームバリューという観点でいうとコードレスよりコード式の方が上ですが、でも木屑やホコリなどを吸いこむ上ではOKパワーです。

 

 

ハンディクリーナーは、マキタという製造会社が多く作っています。

 

また、ダイソンも開発、販売を通じてあり、日本の製造会社の商品と比較すると、いともネームバリューが良い仕様になっています。

 

静音性や携帯性を重視するなら国内製造会社がお勧め、パワー重視ならダイソン製がお勧めです。

 

 

 

掃除機とお掃除ロボット

それほど自分で掃除をするのが億劫という人にお薦めなのが、特殊クリーナーのひとつ「お掃除ロボット」です。

 

お掃除ロボットが開発された当初は、近未来型の家電製品として非常に大きい注目をそろえ、テレビでも頻繁に取り上げられていました。

 

その一方で、お掃除ロボットという名称からテレビなどで目にする人を模した「アンドロイド型」の機械を頭に浮かべている人は、真に現ものを見た際に首をかしげるについても多かったようです。

 

 

お掃除ロボットは、いわゆる「自動クリーナー」でもあります。

 

形状は円盤型が多く、各製造会社ともUFOという形のものを作っています。

 

お掃除ロボットは販売開始当初はなんとも高価で、一般家庭には縁のないものというイメージが強かったのですが、近年まずはかなり低価格化されています。

 

 

近年のお掃除ロボットの特徴は、ゴミセンサーを搭載してあり、自動的にゴミのある所を集中的に移動することです。

 

自動的にはたらくお掃除ロボットは、当初はただ床を移動し、その床のゴミを吸引していくと言うだけのものでしたが、最近ではセンサーにおいて再び精度の高い掃除ができるようになっています。

 

ネームバリューも年々アップしてあり、ホコリを吸い取るだけではなく、お菓子の食べカスなどもしっかりと吸い取れるようになっているので、はなはだ自分で掃除する無用ほどの進化を遂げています。

 

ブラシが付いているタイプなら、床磨きも一緒にしてくれます。

 

 

家を空けることが多い人、家にいても結構掃除する気になれない人、高齢や病気などの理由で掃除ができない人にはお薦めの商品です。

関連ページ

掃除機の分類
掃除機の方式、イベント大好きコロマン
掃除機を方式で選ぶ場合
集合住宅の場合は静音性に、イベント大好きコロマン
掃除機をメーカーで選ぶ
パナソニックの代表機種、イベント大好きコロマン
サンヨーの掃除機
サンヨーの代表機種、イベント大好きコロマン
三菱の掃除機
三菱の代表機種、イベント大好きコロマン
東芝の掃除機
東芝の代表機種、イベント大好きコロマン
シャープの掃除機
シャープの代表機種、イベント大好きコロマン
スチームクリーナーと床ポリッシャー
水フィルター掃除機、イベント大好きコロマン