掃除機を方式で選ぶ場合

掃除機を方式で選ぶ場合

紙パック方式と、サイクロン方式。

 

現在の日本におけるバキュームクリーナーの多くあるこの2つのバキュームクリーナーには、それぞれにメリット、デメリットがあります。

 

 

本当に紙パック方式ですが、30年以上の歴史を覚え、また多くいられるという時点で、とっくにひとつの出来栄えであるといえます。

 

何より大きな特徴は、その理に適っている構造です。

 

紙パックを配置することでそれ自体がフィルターの役割を果たすため、ニオイや細かいホコリもシャットアウトしてもらえる。

 

また、紙パックにゴミが溜まったら、簡単に振り捨てることができる点も魅力です。

 

ゴミに直接さわること無く捨てられるので、衛生面も優れています。

 

ひいては、価格も安価でお手ころという点も大きなメリットといえます。

 

ただ、その反面紙パックにゴミが留まりすぎるとネームバリューが大幅に低下し、故障の原因となるケースもあります。

 

また、バキュームクリーナーから出る排気のニオイや粉塵もデメリットといえるでしょう。

 

 

一方、サイクロン方式のバキュームクリーナーは、排気は非常にクリーンです。

 

また、紙パックを使わないので、ランニングコストの面では優秀です。

 

ネームバリューの持続という点でも、紙パック不要という要素は大きなメリットがあります。

 

しかしながら、ゴミかなぐり捨ての際にホコリが舞い易い、ゴミが集まるダストカップ部分の掃除が必要などというデメリットもあります。

 

分離が不完全だと塵がフィルターに滞り、ネームバリューの低下にもつながります。

 

 

そうしてみていくと、紙パック方式は手を汚したくない人にオススメ、サイクロン方式は部屋をクリーンに狙う人にオススメの商品といえるでしょう。

 

 

 

掃除機のヘッドとその特徴

吸込口による分類があるクリーナーですが、それにも迫る分類方法として、「ヘッドタイプ」から選ぶという方法があります。

 

ヘッドというのは、「ノズル」とも呼ばれるクリーナーの吸引部分です。

 

家庭用クリーナーの場合は、いわゆる「T」字のものが多く見受けられます。

 

 

この部分は入れ換えができるので、狭苦しい場所を掃除する場合は、筒状のものに切り換えるという人も多いでしょう。

 

ヘッドの部分は、本当は外見上はおんなじ形でも構造は全く異なるについてが多々あります。

 

あんなヘッドに関するクリーナーの分類をみていきましょう。

 

 

まるで、「モーターヘッド」と呼ばれるヘッドに関してです。

 

このモーターヘッドは、ヘッド部分におけるブラシが、モーターを通して回転するというタイプのものです。

 

最も操作上意識せずに回転するので、普通に掃除を通じているだけで、ホコリをキレイに掻き出すという効果があります。

 

オススメなのは、絨毯が多い家や、ペットを飼っている家です。

 

普通の掃除では取りきれないペットの詳しい毛などを狙うのには最適のタイプです。

 

 

この他にも「エアータービンヘッド」と呼ばれる種類のヘッドがあります。

 

これは、ヘッド部分におけるブラシが空気によって回転するというものです。

 

吸引によって、吸い込まれた空気を利用するという賢明構造になっています。

 

エアータービンヘッドの特徴は、コスト面で優秀という点です。

 

魅力はモーターヘッドより劣りますが、安価での製品化が可能それで、安っぽいクリーナーを買いたいという人にはオススメのタイプとなります。

 

 

この他にも、近年まずはマイナスイオンをあてホコリを吸いつけるヘッド、拭き掃除のように束ねるヘッドなど、様々なヘッドが開発、販売されています。

 

 

 

掃除機の比較すべきポイント

どういう商品に関しても当てはまることところが、複数の製造会社が複数の種類の製品を開発、販売している場合は、必ずと言って良いほど、商品間において差があります。

 

その差はわずかなこともあれば広いこともあり、必ずしも優劣が付けられるわけではありませんが、せめて「自分にとって」どちらが良いか、という比較はできます。

 

多くの媒体でお勧め商品として取り上げられている商品が自分にとってベストとは限りませんし、反対にきっと話題になっていない商品が思わぬ拾いものだった、ということも十分にあり得ます。

 

重要なのは、それぞれの商品において自分が重視するポイントを見つけ、その中で様々な商品を比較するということです。

 

 

バキュームクリーナーにおける重視ポイントは、いくつもあります。

 

では性能。

 

ただ、この性能も複数の項目に分かれます。

 

 

例えば、吸込仕事率。

 

簡単にいえば、ネームバリューですね。

 

単純な吸込みの力として差し支えありません。

 

そのため、バキュームクリーナーの吸込仕事率は「W(ワット)」で記述されます。

 

この数値が大きいほど吸込みの力が深く、パワーがあるバキュームクリーナーということになります。

 

 

掃除のしやすさを確かめるためには、重量も大きな意味を持ちます。

 

車輪がついているとはいえ、持ち運びをする際には上げることも多いバキュームクリーナー。

 

その重さは、毎日掃除をする人にとっては少なからず負担になってきます。

 

ただ、バキュームクリーナーが酷いということはそれほどモーターが大きいということになり、ネームバリューと比例することもあるので、一長一短についてが多いようです。

 

 

この他、エコを考えている人にお勧めの「排気クリーン」や「省エネ」を謳ったバキュームクリーナーもあります。

 

クリーン度は「捕塵率」の数値、省エネは「省エネモード」の有無などで判断すると良いでしょう。

 

 

 

集合住宅の場合は静音性に

アパートをはじめとした集合住宅に住んでいる人にとって、大きな課題となるのが「騒音問題」です。

 

一戸建てや完全防音の設備が整っているマンションなどであれば気にする必要もないでしょうが、壁のないアパートや団地などの場合は、それほども言っていられません。

 

始終隣の部屋の住人に気を使いながら生活する必要があります。

 

隣人とのトラブルは、生活基盤を揺るがしかねない程の惨事になることも十分にいるだけに、クリーナーの音ひとつをずいぶん軽視できません。

 

 

とはいえ、掃除機をかける時間帯によっても、それぞれの限界は変わってきます。

 

日中であれば、ある程度音がしても断然問題視されることはないでしょう。

 

ですが、夜、それも夜中ものの時間帯の場合は、少しの音量も苦情が寄せられる可能性は高くなります。

 

ただ、仕事の都合上、その時間しか掃除ができないという人もいるでしょう。

 

 

あんな環境に身を置く人には、クリーナーの静音性を確認することを深くお進めします。

 

昔は、クリーナーといえばある程度大きな音が出るのは仕方がない、という認識でした。

 

ですが、近年それでは一定の魅力を持ちつつ、静音性のおっきい商品が出てきています。

 

 

クリーナーの静音性を確認する場合は、「db(デシベル)」という単位で表示される数字を見ます。

 

ひとつの基準となるのが50dbで、近年発売されている静音性を重視したクリーナーは、概ねこの50db以下になっています。

 

因みに50dbというのは、静かな事務所の音量に相当します。

 

40dbの場合は図書館級の静かさなので、騒音にはなり得ません。

 

そのため静音性重視の人は、50、40くらいのdbの商品を選ぶことをお進めします。

関連ページ

掃除機の分類
掃除機の方式、イベント大好きコロマン
掃除機をメーカーで選ぶ
パナソニックの代表機種、イベント大好きコロマン
サンヨーの掃除機
サンヨーの代表機種、イベント大好きコロマン
三菱の掃除機
三菱の代表機種、イベント大好きコロマン
東芝の掃除機
東芝の代表機種、イベント大好きコロマン
シャープの掃除機
シャープの代表機種、イベント大好きコロマン
ツインバードの掃除機
掃除機とお掃除ロボット、イベント大好きコロマン
スチームクリーナーと床ポリッシャー
水フィルター掃除機、イベント大好きコロマン