掃除機の分類

掃除機の分類

家電製品の主力とも当てはまるクリーナーは、様々な種類が開発されています。

 

これは、家の移り変わり、あるいは社会の在り方が変わってきたことで、掃除機を使う人、時間帯、環境といった点がグングン多様化した結果です。

 

そのため一層細分化され、それぞれの強みを持ったクリーナーが多数誕生しています。

 

そういったクリーナーの分類を見ていきましょう。

 

 

一層、用途による分類です。

 

クリーナーは、基本的には「家庭用クリーナー」「業務用クリーナー」「産業用クリーナー」の3つに分かれます。

 

家庭用クリーナーは、一般家庭で使用するクリーナーです。

 

ほとんどの人は、このクリーナーを普段から「クリーナー」として認識しているでしょう。

 

業務用クリーナーは、清掃事業者が主に使用するクリーナーで、ネームバリューをはじめ非常に性能が厳しく、また耐久性重視の設計になっている点がポイントです。

 

産業用クリーナーは、通常のクリーナーでは吸い取れないようなゴミを吸い取れるよう専門的な造りになっているもので、工場などで使用浴びる製品です。

 

 

また、動力による分類もあります。

 

通常の家庭用クリーナーであれば、電気コードを使用する「商用電源式」が一般的です。

 

ただ、近年まずはコード要らずの「充電式」や、自走するタイプの「エンジン式」などがあります。

 

ネームバリューという観点でいえば商用電源式がオススメところが、ごっそり広範囲を掃除したいという人には充電式がオススメです。

 

 

この他に吸込口による分類もあり、何より多い「床用吸込口」をはじめ「すきま用吸込口」「棚用吸込口」「ふとん用吸込口」などがあります。

 

 

 

掃除機の型

分類タイプとして、バキュームクリーナーにはバキュームクリーナー本体の形状や方式などの基本構造で仕切るという方法があります。

 

代表的な型が、「床移動型」ですね。

 

一般家庭にあるバキュームクリーナーの多くはこのタイプで、キャニスター型の一種でもあります。

 

床移動型のバキュームクリーナーの定義は、本体が横長でホースを引っ張ることで移動させるという形式になっているということです。

 

最近では、縦置きが出来る「スタンド型」も増えてきました。

 

収納しやすいのがポイントで、その点において床移動型のバキュームクリーナーは多くの家庭にオススメできます。

 

 

一方、業務用に多いのが「円筒床移動型」で、こちらは本体が円筒型になっています。

 

耐久力、魅力を重視した造りになっている反面、極めて高いものも数多く、家庭用としてはオススメしにくい点もあります。

 

 

北米でよく広がるタイプまずは、「縦型」があります。

 

アップライト型の一種で、縦に長く、本体の底面に吸込口があります。

 

どうして移すのかというと、本体上部に取り付けられたハンドルを使用します。

 

日本ではよく見られないタイプのバキュームクリーナーですね。

 

アップライト型は、他にも「ほうき型」という軽量のものがあります。

 

 

いわゆる「ハンディ型」と呼ばれる非常に軽量で小型のバキュームクリーナーは、片手持ち運び型に分類されます。

 

一般的には、バキュームクリーナーというより「クリーナー」と叫ぶことが多いものです。

 

 

また、この他にも、肩にかけて使用する「肩掛け型」、航空機内などの細長い場所で使用する「背負い型」、屋外の吸塵に使用する「屋外排気型」などがあります。

 

この他、近年それでは自走して自動的に掃除していただける「自走式」のバキュームクリーナーなどもあり、相当多様化しています。

 

 

 

掃除機を型で選ぶ場合

様々な型があるバキュームクリーナーですが、これらのタイプはそんなに「これでなくてはいけない」というものでもありません。

 

自分の住んでいる家、あるいは部屋にはどのタイプが最も合っているかということを考えて購入するのが一番ですが、たとえ多少合っていなかったとしても、それで掃除ができないとか、ストレスが溜まって仕舞うということは僅かでしょう。

 

そのため、ある程度好みに合わせても問題はありません。

 

ただ、それぞれのバキュームクリーナーにおいてのタイプ別の特徴、メリット、デメリットはしっかりとおさえておいた方が良いでしょう。

 

 

前もって、何よりスタンダードなバキュームクリーナーである「床移動型」には、ノーマル型とスタンド型があります。

 

ノーマル型というのは、本体に車輪がついていて取り回しながらゴミを吸い取るタイプのものですね。

 

これがスタンダードになったのは、完璧構造だからです。

 

そのため、ネームバリューをはじめとした性能に関しては、他の追随を許しません。

 

パソコンでいうところのデスクトップ型という存在です。

 

 

スタンド型のバキュームクリーナーは収納がしやすいだけでなく、基本的に軽量設定それでコンパクトで更に使いやすいというメリットがあります。

 

ネームバリューではおんなじ値段のノーマルタイプに敗れることが多いので、幅広い部屋をいくつも掃除する場合は、ノーマル型の方が良いかもしれません。

 

反対に、ワンルームなどのように狭い空間をすっと掃除しよ場合は、スタンド型のバキュームクリーナーがお薦めです。

 

最近はコードレスタイプも多くなってあり、どんどん手軽さが増しています。

 

 

肩掛け型のバキュームクリーナーのメリットは、細い場所けれども厳しいネームバリューで掃除が出来るという点です。

 

そのため、家庭用として一台あると、家具の上や階段など、普段掃除がしにくい場所けれども出来るという魅力があります。

 

ただ、この型掛け型も、本当はネームバリューという点ではスタンド型以上に弱々しい商品が多いようです。

 

担ぐという観点から軽量であることを念頭に据え置く商品が多く、結果としてパワーは弱くなります。

 

また、自動車などの細長い場所の掃除ならクリーナーがお薦めです。

 

 

 

掃除機の方式

構造上のバキュームクリーナーの分類は、外見で敢然とことなるものもあれば、そうでない分類もあります。

 

それは、方式による分類です。

 

 

バキュームクリーナーにおける方式の分類は、主に「紙パック方式」と「サイクロン方式」の2つに分けられます。

 

他にもいくつか種類はありますが、この2種が家庭用バキュームクリーナーの大半を占めてあり、ほとんどの人がこのどちらかのバキュームクリーナーを使用していると考えられます。

 

 

紙パック方式というのは、バキュームクリーナーで吸引したゴミがバキュームクリーナーの内部に設置してある紙パックに鎮まる構造になっているバキュームクリーナーです。

 

前もって、紙パック方式はバキュームクリーナーの中にゴミなどが詰まらないようにと開発されたものです。

 

1980年代に誕生した方式ですが、もう30年以上もメインを張り続けている非常に際立つ構造となっています。

 

 

一方、サイクロン方式は意外と初々しい方式のバキュームクリーナーで、原理はコーン状になっている筒の中において空気の渦を形作り、その遠心力によって空気とゴミを分離させるという方式になっています。

 

ぴったり「サイクロン」ですね。

 

世界まずは1980年代からもはや誕生していましたが、日本で普及したのはその相当後です。

 

サイクロン方式を実装した「ダイソン社」のバキュームクリーナーが世界的に大ヒットし、日本もお進め商品として紹介されたのは、有名な話ですね。

 

 

この主力2つ以外の方式としては、「排気循環方式」や「吸水バキュームクリーナー」などがあります。

 

排気循環方式は、排気を吸込口へと戻し、ノズルからそれを放出することで床の上のホコリを舞わせ、それを吸引するというタイプのものです。

 

排気を吸塵に利用したタイプで、効率は良いのですが、まだまだ普及にはほど遠い段階です。

 

一方の吸水バキュームクリーナーは、水分を含んだもの質を吸引する「真空バキュームクリーナー」です。

 

 

これらの中からお進めのバキュームクリーナーを捜し出す場合は、いよいよ紙パック方式とサイクロン方式の2択となります。

関連ページ

掃除機を方式で選ぶ場合
集合住宅の場合は静音性に、イベント大好きコロマン
掃除機をメーカーで選ぶ
パナソニックの代表機種、イベント大好きコロマン
サンヨーの掃除機
サンヨーの代表機種、イベント大好きコロマン
三菱の掃除機
三菱の代表機種、イベント大好きコロマン
東芝の掃除機
東芝の代表機種、イベント大好きコロマン
シャープの掃除機
シャープの代表機種、イベント大好きコロマン
ツインバードの掃除機
掃除機とお掃除ロボット、イベント大好きコロマン
スチームクリーナーと床ポリッシャー
水フィルター掃除機、イベント大好きコロマン