桜島焼

桜島焼

鹿児島の旅の記念に「桜島焼」の陶芸体験をすることができます。

 

体験学習や修学旅行などでも皆に利用されています。

 

桜島焼の窯元である「桜岳陶芸」の紹介をします。

 

桜岳陶芸では陶芸体験を通じています。

 

個人でも団体も大歓迎です。

 

団体の場合、最大60名まで体験受け付け可能です。

 

 

「手びねり体験」の場合、料金は2,000円です。

 

制作から完成まで含まれた料金です。

 

所要時間は1時間から2時間です。

 

体験受け付け時間は9:00〜16:00までとなっています。

 

完成するまでには2ヶ月から3ヶ月かかります。

 

 

「絵付け体験」の場合、料金は1,500円〜となっています。

 

所要時間15分から半でおスキな湯飲みやお皿などに絵付けを通していただきます。

 

完成するまでに月々ほどかかります。

 

 

「桜岳陶芸」はテレビや雑誌など多くのメディアで紹介されています。

 

窯元は女性だけで運営されています。

 

建ものの周りは美しい花々が咲き乱れているので、いつきても季節の花たちがお出迎えしてくれます。

 

桜島ならではの火山灰を粘土に加えて仕上がる「桜島焼」。

 

桜島の大きなエネルギーがつまった焼きものばかりです。

 

陶芸体験の他にもギャラリーにいくつもの焼きものが展示されています。

 

また結婚式の引き出ものとしても使っていただけるようにイージーオーダーの焼きものの注文も受付けしています。

 

一品品物手作りなので、同じように創りおんなじ窯で焼いても二度とおんなじものにはなりません。

 

オリジナリティのある贈りものになると思います。

 

ぜひ一旦立ち寄って下さい。

 

 

 

年々進化する家電製品、掃除機

ここ数年、一種のブームとさえ言えるくらい多くの人が興味を抱くようになった家電製品。

 

単純に生活七つ道具というだけではなく、どのメーカーのどの機種が良い、この最新機種にはあんないい機能が付いているなど言うように、グングン詳細な部分に対しての関心が増しているように思われます。

 

現に、家電の売り上げは全体的に伸びてきてあり、様々な分野の家電製品が人気を博しています。

 

家電製品のお進め番組や、家電芸人と呼ばれる人たちが出てきて、その流れは再び加速したと言っても良いでしょう。

 

 

こんな中、数ある家電の中けれどもとにかく一年にわたって使用する頻度が良いのがバキュームクリーナーです。

 

バキュームクリーナーは、テレビや冷蔵庫、エアコン、洗濯機ものの家電製品とは些か色合いが異なります。

 

というのも、バキュームクリーナーだけが「動かす家電」なのです。

 

他の主要家電製品は、そこにある物を使うという形なので、場所を初めて決めたら取り回すことはありません。

 

ですが、バキュームクリーナーだけは、使用者が動かして使います。

 

そのため、改良すべき点はたくさんあり、進化の度合い、伸び済ませろという点においても非常に大きいのです。

 

 

その一方で、バキュームクリーナーはかなり買い換えがしにくい家電製品でもあります。

 

家のゴミ、ホコリを吸い取るという機能には必ずしも大きな差はないのでは、と考える人も数多く、また一家に一台あれば良いという性質上、テレビやエアコンほどは普及し難いという面もあります。

 

ですが、実際にはバキュームクリーナーは非常に大きな進化を遂げてあり、また用途によって使い分けられる商品でもあるのです。

 

 

そういうバキュームクリーナーの解説やお進め商品の紹介を通していきましょう。

 

 

 

 

掃除機の発展の歴史

かつて、バキュームクリーナーという家電が日本で販売されたのは、1931年のことです。

 

東芝の前身である芝浦製作所が作ったアップライト型のバキュームクリーナーが、日本初のバキュームクリーナーとなりました。

 

送風機を通じて負圧を生み出し、ネームバリューを発揮して床に落ちたホコリやゴミを吸い取り、それを内部に引き込む…というバキュームクリーナーの基礎的な原理は、とうにこの頃からしっかりと備わっていました。

 

ただ、あんなハイテクな商品は当時いともめずらしく、暫しの間はバキュームクリーナーは一般人にとっては高嶺の花でした。

 

 

その流れが一変したのは、第二次世界戦後です。

 

この頃になるとバキュームクリーナーの価格は近々下がり取りかかり、上流家庭だけではなく、そのひとつ下の中流家庭でも普及し、また西洋文化を取り込んだことで絨毯が各家庭に普及していたこともあり、その需要はいきなり伸びていきます。

 

いざ、絨毯の掃除は雑巾、ほうきといった従来の掃除道具でしっかりと掃除するのは辛く、バキュームクリーナーの性能は大きな注目を固めることになりました。

 

 

一般人の間それでもバキュームクリーナーが普及したのは、団地やアパートといった集合住宅が爆発的に増えた1960年代と言われています。

 

一戸建ての家とは異なり、何やら外にゴミを掃き出すということが難しく至る中で、音こそするものの、部屋の中で処理できるバキュームクリーナーは使い勝手がよく、需要は同時に拡大。

 

洋室の増加もあって、バキュームクリーナーは瞬く間に普及しました。

 

 

1980年代になると、紙パック式真空バキュームクリーナーが開発され、ホコリによって詰まって仕舞う…という弱点も消え、ほとんどの家庭にバキュームクリーナーは普及しました。

 

お薦めの家電製品として再三ピックアップされ、1990年代になるとサイクロン式が登場し、グングン進化していきました。

 

 

現代では、お薦めコーナーや特集が備わるなど、バキュームクリーナーの中けれどもなかなか多くの種類が増えたこともあり、その情報を広める媒体も目立ち、主力家電製品において多くの関心を持たれています。

 

 

 

掃除機全般のメリットとデメリット

家電製品には、その製造会社、あるいは機種などを細く仕切ることで、それぞれのメリット、デメリットがはっきりします。

 

これは多様性を追い求めた結果で、それぞれに良さがあり、悪さがあるというのは、ある意味健全な競争原理による在り方で、欠点があるから欠陥商品だということにはつながりません。

 

どのように進化した家電製品も少なからず欠点はありますし、反対にお薦めやる点も多々あります。

 

 

そういった中で、クリーナーはわずかクリーナー同士の比較で長所や短所が存在するというだけではなく、他の掃除器具との比較も可能です。

 

例えば、テレビであれば代替用品はほとんどありません。

 

洗濯機や冷蔵庫であっても同様です。

 

それに対しクリーナーの場合は、ほうきやモップなど掃除に使用する道具は他にも多々あります。

 

それらと比較した上で、メリット、デメリットを示すことができます。

 

 

クリーナーのメリットは、どうしても魅力です。

 

それほど絨毯、布団などは、ほうきや雑巾掛けでしっかりとホコリを取り除けないので、クリーナーが威力を発揮します。

 

また、まず吸い取ったゴミはやや蓄積出来るので、ゴミ捨ての手間も省けます。

 

ほうきと違ってホコリが舞いづらく、直接ホコリやゴミに接する必要もないので手も汚れません。

 

 

その一方で、デメリットも存在します。

 

一旦、騒音。

 

現代のクリーナーは甚だ音は小さくなりましたが、でもある程度はします。

 

また、その構造上、入り込めない場所があったり、排気がなさる際に異臭が発せられたりすることもあります。

 

家電製品なので一定の重さがあり、またメンテナンスが必要となります。

 

これらの短所もありますが、何しろ現代の家においては、クリーナーでの掃除がお薦めです。

関連ページ

陶芸について
釉薬とは、イベント大好きコロマン
ブライダル陶芸
ヒルトン小田原、イベント大好きコロマン
益子焼のつかもと
田園プラザ、イベント大好きコロマン
ゆう工房
ヴォイス工房、イベント大好きコロマン
虎渓窯 陶芸道場
遊器陶舎、イベント大好きコロマン
伊万里ふるさと村
朝日焼作陶館、イベント大好きコロマン
陶芸教室風の街
京橋陶芸教室、イベント大好きコロマン