サバ、ブリ、ホッケ、太刀魚釣り

サバ、ブリ、ホッケ、太刀魚釣り

日本近海で獲れるサバの種類は、マサバ、ゴマサバ、ニジョウサバやグルグマなどの4種類です。

 

サバは一年中釣りを楽しむことができます。

 

一番日本でよく釣れるマサバの旬は秋ですが、冬のマサバは脂がのっていて美味しいと人気があります。

 

日本では九州地方で冬にサバが旬としてたくさん得ることが出来ます。

 

冬に獲れたサバを「寒サバ」と称します。

 

 

サバは普段は太平洋を回遊しています。

 

春先は伊豆半島の近くで産卵して、餌を食べながら北海道方面まで北上します。

 

この海域ではコースクトンが多いためサバは丸々として脂肪分が貯えられます。

 

そうしてもっと産卵するために秋ころ南下を始めます。

 

この時期のサバが貯えられた脂が全身に伝わり極めて美味しい状態となります。

 

この時期に八戸近辺で釣れるサバは舞い戻りサバとして一番旨いサバとしています。

 

 

しかしながらサバは昔から生きているときから腐っているといわれるほどに腐りが速い魚です。

 

そのため食あたりなどもおこし易い魚として知られています。

 

これはサバには脂肪分が多いので鮮度が下がり易いのが原因です。

 

釣りをする際は、この鮮度が下がるのを多少なりとも防ぐためにクーラーボックスを用意しなければなりません。

 

もっと釣りで捕獲したサバは、エラを取り、海水につけて血抜きをしてからクーラーボックスに保管するといいです。

 

サバの体内にアニサキスという寄生虫がいることもあるので、早めに内臓処理をする必要があります。

 

サバは釣りをしたあとの鮮度維持がしんどい魚なのです。

 

ブリ釣り

 

ブリは出世魚なので、成長していくと呼び名が変わります。

 

関東地方それではワカシからイナダになって、ワラサになってブリとなります。

 

関西地方まずはツバスからハマチになって、メジロになってブリとなります。

 

 

ブリ釣りをするならベストシーズンは、11月から2月の冬です。

 

ブリは寒ぶりと称されるように冬の時期に美味しいとされる魚です。

 

 

釣りの方法としては、磯釣りも船釣りも願うことが出来ます。

 

近年はルアーやトローリングをする釣り人も増えています。

 

餌としては、アジやサバ、イカなどの生きた餌を使うのが一般的です。

 

但し近年はオキアミで寄せ餌釣りする人も増えています。

 

 

ブリは回遊魚です。

 

終始回遊しているので、アタリは一日のうちにそのめぐり合わせにより数回あるかないかです。

 

そのアタリのときを逃さないようにしなければなりません。

 

船釣りや磯釣りでメタルジグのルアーを使って望めるブリは体長40cmから70cmほどです。

 

イナダ程度のサイズならば簡単に釣ることが出来ると思います。

 

擬似餌を使ってサビキ釣りをしたり、擬餌バリを使用したりする釣りスタイルのカッタクリ釣りや寄席餌釣りなど釣り方は多数あります。

 

 

ブリは日本近海の沿岸を南北に回遊していて、秋になると岩礁帯に接岸します。

 

冬にかけては沖合いや、奥深い岩礁帯の周囲を回遊します。

 

晩秋以降冬のブリはサイズも大きくなったものが南下してきて合流します。

 

これらのことから釣りスポットを見定めて回遊しているブリに遭遇出来るように釣りにチャレンジしてみてください。

 

 

ほっけ釣り

 

ウキ釣りの代表として人気があるほっけ釣りです。

 

ほっけは9月から12月にかけて産卵するので潮通しのいい岩場にいます。

 

その後海の表層で稚魚になるまで成長をします。

 

そうして2年目の春に岬や島の周辺に餌を取りに寄ってしまう。

 

この時期が釣りのねらい目です。

 

ほっけ釣りのシーズンは、この春先と9月から1月にかけての冬の時期です。

 

冬の時期は日本海側の沿岸が主な釣り場です。

 

 

ほっけ釣りをするときの道具として、初めて竿は5m前後の磯竿がいいです。

 

初心者の場合は2号サイズがベストです。

 

餌はオキアミを針に指して使います。

 

市販のほっけ用の袋餌とオキアミを混ぜて使ってもいいです。

 

サンマの切り身、イソメなどを取り扱うこともあります。

 

ウキは円錐形が一般に使用されます。

 

円錐形のウキの場合は、風の影響が少ないので投げ易いのが利点です。

 

のぼりウキを使うこともあります。

 

のぼりウキの場合は、アタリが見えやすいのが利点です。

 

但し波が大きいときや風が強い時折影響を受けやすいので使えません。

 

オモリはガン玉のBから3Bを使います。

 

ハリはオキアミホッケ鈎がいいです。

 

サイズは4号から5号くらいがいいです。

 

 

ほっけは群れで行動する魚です。

 

寄せ餌を効果的に使って釣るようにしましょう。

 

釣り初めに寄せ餌を意外と多めにまいて、そのあとは群れが離れていかない程度に少しずつまいて出向くのがコツです。

 

魚がかかったときは、群れから離して釣るようにしましょう。

 

他の魚が逃げてしまいます。

 

 

太刀魚釣り

 

太刀魚釣りは夏場に50cm程度の小型のものが入れ食い状態で釣れるときもあります。

 

ただし夏すぎの9月から冬にかけて太刀魚のサイズが大きくなってきて、秋から冬は太刀魚の釣果一色となります。

 

 

太刀魚は朝夕に餌を求めて表層まで浮上してきます。

 

一般には夏から秋にかけて釣れますが、地域によって回遊する時期がずれ込むため冬も釣りを楽しめます。

 

太刀魚は小魚を追っています。

 

ですから太刀魚を狙うなら小魚が固まる潮の動きがあるところを拾うといいです。

 

潮が合流する潮目などは餌となるサービスクトンが集まってしまう。

 

そのサービスクトンにかけて小魚が群がるため、そこを見つめていると太刀魚も立ち寄ると思います。

 

湾内で釣りをする場合は、桟橋の下や船だまりなどに潜んでいると思います。

 

 

太刀魚釣りは人気がありますからその仕掛けもたくさん市販されています。

 

ワイヤーの仕掛けを使うのが一般的でほとんどの釣り人がこの市販されている仕掛けを使用しています。

 

太刀魚は賢い歯を持っていますから、これに対抗出来る仕掛けが必要となるためです。

 

また太刀魚は光に反応して群れる習性がありますから、集魚ライトを使うといいです。

 

 

太刀魚は餌を取るのが下手です。

 

取り敢えず餌の魚の腹を食べてからじわじわと食べ進み針をくわえるので、アタリがきても一気に引かないようにしましょう。

 

太刀魚釣りの醍醐味はこのアタリをとることでもあります。

 

ウキが素直に沈んだら10くらい数えて併せます。

 

ゆるゆる糸を巻き取り竿を立てます。

 

手ごたえがないときでも、暫し様子を見ましょう。

 

でもだめなら餌を交換します。

 

 

先程も述べましたように、太刀魚の歯は素晴らしいので、釣れた太刀魚の口にくれぐれも手を入れないように気をつけましょう。

 

サバの首を折って締めるのが一番です。

関連ページ

釣り
サバ、ブリ、ホッケ、太刀魚釣り、イベント大好きコロマン
釣りの種類
サバ、ブリ、ホッケ、太刀魚釣り、イベント大好きコロマン
釣り道具
サバ、ブリ、ホッケ、太刀魚釣り、イベント大好きコロマン
サバ、ブリ、ホッケ、太刀魚釣り、イベント大好きコロマン
タナゴ釣り
サバ、ブリ、ホッケ、太刀魚釣り、イベント大好きコロマン
バス、メバル釣り
サバ、ブリ、ホッケ、太刀魚釣り、イベント大好きコロマン
ワカサギ釣り
サバ、ブリ、ホッケ、太刀魚釣り、イベント大好きコロマン
アメマス、カレイ釣り
サバ、ブリ、ホッケ、太刀魚釣り、イベント大好きコロマン
ヒラメ釣り
サバ、ブリ、ホッケ、太刀魚釣り、イベント大好きコロマン
クロダイ、アイナメ、越冬ギス釣り
サバ、ブリ、ホッケ、太刀魚釣り、イベント大好きコロマン