クロダイ、アイナメ、越冬ギス釣り

クロダイ、アイナメ、越冬ギス釣り

クロダイは一般的には夏の釣りだと思われていますが、一年中釣れる魚です。

 

関東ではクロダイと呼ばれていますが、関西ではチヌと呼ばれています。

 

乏しいときは体にシマがあって、成長と共に薄くなっていきます。

 

クロダイの生息地は北海道から沖縄まで全国各地で釣ることができます。

 

クロダイの旬は春から秋にかけて釣りを楽しむことができますが、冬もテトラポット周辺で釣ることができます。

 

冬の時期のクロダイは沖からきてテトラポットに住み着きます。

 

昼間に餌を見出すために動き出します。

 

ですから冬にクロダイをテトラポットで釣る場合は、昼間から夕方までが勝負とういことになります。

 

この時期のクロダイの体長は50cm前後です。

 

冬の海は澄んでいますが、クロダイはテトラポットの陰に隠れています。

 

クロダイは餌が目の前にこないと動き出しませんから、落とし場所も重要です。

 

 

釣り方としては、前方にあるテトラポットの際からじっくり餌を下ろしていきます。

 

単に底まで餌を下ろして赴き、底に着いたらちょっと待ちます。

 

そうしてまたゆっくりと引き上げてきます。

 

テトラポットを歩いて仲間ずつ回って丁寧に探って行くことが重要となります。

 

 

釣り人の足音などにも反応しますから、自分の足音や話し声などに注意を払いましょう。

 

また水面に自分の影を映さないようにも気をつけましょう。

 

クロダイが見ています。

 

冬のこの時期クロダイが釣れるのは日中です。

 

日中に勝負をかけて釣る様にください。

 

アイナメ釣り

 

一般的に冬は海釣りを通しても釣果がよくありません。

 

冬は寒く、天気も腹黒い日が多く、そういう中海まで船ででかけて行くのはかなりの覚悟と準備が必要です。

 

但し寒くても冬に釣りが望むという人には、冬が旬となるアイナメ釣りをおすすめします。

 

アイナメは根魚などで、昼間一段と夜の方が釣果はいいです。

 

そこそこ簡単に釣れるので釣りを満喫できます。

 

再度味も美味しいので釣りファンも多くて人気がある魚です。

 

 

アイナメの生息地帯は岩礁地帯や磯、堤防の周辺、テトラポットの隙間などに潜んでいます。

 

船で海へでかけて出向く手間もありません。

 

アイナメの餌はイソメ、エビ、小魚などなんでも召し上がる雑食です。

 

 

釣り方としては、堤防などからの投げ釣りやサビキ釣り、テトラポットや岩場などでの落とし釣り、ブラクリ・ブラー、ソフトルアーでの釣りなど様々です。

 

一般的な釣り方としては、ブラクリ・ブラーでの探り釣りです。

 

使用する竿は1.2mから3m程度の短めの竿です。

 

道糸は3号の蛍光色のものがおすすめです。

 

オモリはブラクリ・ブラーをつけます。

 

オモリの重さは、波や潮の流れが苦しく水流の影響を受けるときは重くして、割り方穏やかなときは小気味よくします。

 

 

アタリが手元にせっせときたら、ものすごくあわせず気持ちよく竿を講じる程度で大丈夫です。

 

糸を出すと、糸がテトラの隙間などに引っかかってしまうので、糸は素早く巻き食べるようにしましょう。

 

一度釣れたらおんなじ場所に二度と仕掛けを押し込めると、おんなじ場所で3匹から5匹程度釣ることが出来ます。

 

一段と次回訪れた場合も前回釣れた場所を覚えておくといいです。

 

魚はおんなじ場所にやってくることが多いからです。

 

 

越冬ギス釣り

 

キスは一般的に冬の間は入り江や湾内に移動してしずかに冬を越します。

 

冬の間はキスの活性が悪いので、通常釣れません。

 

但し越冬ギスは冬も釣ることができて、一段と一年の中で冬は脂が乗り切っていて一番おいしく食べられるのです。

 

 

越冬ギスも他のキス同様に冬は活性が悪いので全然餌に食いついてくれません。

 

アタリがあっても餌をしっかりくわえていないので、退く途中にオモリから離れて仕舞うこともあります。

 

越冬ギスの釣り方は、尺ギスの釣り方と同じです。

 

生息地は濃い入り江や藻場です。

 

ここには一年中その場所に居ついているキスや、尺ギスが集まっています。

 

釣り方としては、置き竿釣りがいいと思います。

 

しかし竿を置きっぱなしにするのではなく、10分に一度くらいはしゃくったりリールを撒いたりしてアタリを待ち受けましょう。

 

竿は柔らかめのものがいいです。

 

居ついていそうな場所をバッチリみて攻めて行きましょう。

 

根掛りが多くなりますから、仕掛けなどは多めに持ち歩いて出向く必要があります。

 

オモリは、藻などがひっかかり易いので大き目のものを使用します。

 

餌は石ゴカイがいいです。

 

アタリがあった場合は、アッという間に引いてはいけません。

 

2回目のアタリまで待ってからリールを次第に退くようにしましょう。

 

ただし藻などに逃げ込まれないように同時に巻き摂ることがポイントです。

 

 

冬場の釣りは天気が替わり易いです。

 

ぶらりと雪が降ってきたり、風が吹いてきて嵐になってきたりすることもあります。

 

十分な防寒対策をしていきましょう。

関連ページ

釣り
クロダイ、アイナメ、越冬ギス釣り、イベント大好きコロマン
釣りの種類
クロダイ、アイナメ、越冬ギス釣り、イベント大好きコロマン
釣り道具
クロダイ、アイナメ、越冬ギス釣り、イベント大好きコロマン
クロダイ、アイナメ、越冬ギス釣り、イベント大好きコロマン
タナゴ釣り
クロダイ、アイナメ、越冬ギス釣り、イベント大好きコロマン
バス、メバル釣り
クロダイ、アイナメ、越冬ギス釣り、イベント大好きコロマン
ワカサギ釣り
クロダイ、アイナメ、越冬ギス釣り、イベント大好きコロマン
アメマス、カレイ釣り
クロダイ、アイナメ、越冬ギス釣り、イベント大好きコロマン
ヒラメ釣り
クロダイ、アイナメ、越冬ギス釣り、イベント大好きコロマン
サバ、ブリ、ホッケ、太刀魚釣り
クロダイ、アイナメ、越冬ギス釣り、イベント大好きコロマン