アメマス、カレイ釣り

アメマス、カレイ釣り

アメマスには川で釣れるアメマスと海で釣れる海アメマスがあります。

 

海アメマスは北海道の日本海側で主に釣りを楽しむことができます。

 

中けれども島牧や積丹半島方面は有名な海アメマスの釣りスポットです。

 

海で越すアメマスは魚体が大きくて80cmほどの魚体を通じているものもあります。

 

海アメマスの魅力として魚体のいい魚を釣れるチャンスが多くあることがあげられます。

 

アメマスの生態は、秋に川へ遡上して産卵してから、海にやってきます。

 

ですから冬の海が釣りスポットとなるわけです。

 

 

逆に川でのアメマス釣りは秋ころから冬にかけて始まります。

 

雪が積もる冬景色の水墨画という景色をバックにアメマスを拾う楽しさを必ず味わってほしいものです。

 

秋から冬にかけて水温が1℃、2℃では活性が悪くなりますが、冬の寒さにも硬い魚なので3℃以上あれば釣れると思います。

 

河川においてアメマスの生息地は倒木の下やボサ下などに潜んでいます。

 

どんどん日向よりも日陰を憧れ、川の流れが手っ取り早いところよりもゆったりとした流れを憧れます。

 

十勝川などのように大きな川で釣りをする場合は、水面の変化がわからないほどの濃い場所に生息していることがあります。

 

これらを知っておけば、アメマス釣りスポットが絞れると思います。

 

アメマスは群れをなして移動していますから、1匹釣れれば周りにまだいるとして下さい。

 

初心者の人は、釣り慣れた人の近くにいれば群れを一緒に釣る事が出来ると思います。

 

カレイ釣り

 

カレイは北海道から以南にいる北方系の魚です。

 

カレイ釣りのシーズンは冬から春にわたってです。

 

冬の時期からカレイが岸近くに接岸してきます。

 

だからこの冬から春にかけて港の堤防や河口の岸壁から投げ釣りをすると、カレイを釣る事ができます。

 

 

カレイは群れで行動していますから、1匹釣れたらまたおんなじ場所に糸を垂らせば釣れるはずです。

 

ただカレイの場合は、竿へのアタリが乏しいので竿先に注意を払っておかなければなりません。

 

餌はイソメを使います。

 

アカイソメとアオイソメの両方を用意しておくといいです。

 

時折アカイソメに反応がないこともあります。

 

 

次にカレイの釣り方ところが、釣り場が混んでいない場合竿は3本使い仕掛けを入れます。

 

3本を扇型になるように仕掛けを来れる形が一般的な釣り方です。

 

あるいは縦ラインと横ラインに違いを押し付けいれる形でもできます。

 

カレイ用の仕掛けは全遊動型や半遊動型や固定型タイプがあります。

 

投じるだけの簡単仕掛けタイプもあります。

 

針は段差にたくらみます。

 

段差の仕掛けの長いハリスの方に色んなアピールパーツを付けるといいです。

 

餌は2本の針に違う餌を置きたり、1本の針にアカイソメとアオイソメの両方を擦り込みたりすることもできます。

 

 

カレイの種類はとても豊富です。

 

マコガレイやイシガレイ、スナガレイ、マガレイ、ヌマガレイ、ムシガレイ、ホシガレイなどまったくあります。

 

味もおししく釣りのターゲットとして人気がある魚です。

 

 

カレイの投げ釣り

 

カレイの投げ釣りができる旧跡において大阪湾の岸和田一文字があります。

 

岸和田一文字のカレイは別名「クリスマスカレイ」とも呼ばれます。

 

つまり真冬のクリスマスの時期がカレイ釣りの時期というわけです。

 

岸和田一文字だけではなく、大阪湾周辺でカレイを釣る場合は、クリスマスから年明けにかけての冬の時期を願うといいです。

 

この時期にカレイは産卵をするために防波堤の近くに接岸するためです。

 

この冬の時期は沖でカレイ釣りをするのが一般的です。

 

その後一度釣れない時期がやってきて、二度と一文字付近に接岸して生じる春先に釣れる戻りカレイを花見の季節なので「花見ガレイ」と呼んだりします。

 

 

岸和田一文字では、カレイの投げ釣りができます。

 

竿を遠投する必要もなく、餌もアオイソメで釣れます。

 

仕掛けも市販している投げ釣り用の仕掛けでオーケー。

 

手軽に遊べる釣りです。

 

手軽な上に釣れるカレイは体長30cm以上もある大型のものがよく釣れます。

 

 

冬の時期、沖でカレイ釣りを通じて食いがあんまりのときは、湾内に移動すると釣れる事もあります。

 

そのときは手前の一文字の外側がいいと思います。

 

この時期、沖の一文字はカレイ釣りをする釣り人で混雑します。

 

ですから混雑を避けて手前の旧一文字の外向きで釣るというのもひとつの手段です。

 

 

また釣れる時間帯として、カレイ釣りは早朝がいいです。

 

物悲しいうちでも早朝にアタリがくることが多いです。

 

一番船で出掛けることをお勧めします。

関連ページ

釣り
アメマス、カレイ釣り、イベント大好きコロマン
釣りの種類
アメマス、カレイ釣り、イベント大好きコロマン
釣り道具
アメマス、カレイ釣り、イベント大好きコロマン
アメマス、カレイ釣り、イベント大好きコロマン
タナゴ釣り
アメマス、カレイ釣り、イベント大好きコロマン
バス、メバル釣り
アメマス、カレイ釣り、イベント大好きコロマン
ワカサギ釣り
アメマス、カレイ釣り、イベント大好きコロマン
ヒラメ釣り
アメマス、カレイ釣り、イベント大好きコロマン
クロダイ、アイナメ、越冬ギス釣り
アメマス、カレイ釣り、イベント大好きコロマン
サバ、ブリ、ホッケ、太刀魚釣り
アメマス、カレイ釣り、イベント大好きコロマン