ワカサギ釣り

ワカサギ釣り

ワカサギ釣りといえば、真冬に凍った氷上の上から穴を開けて釣りを楽しむことで有名です。

 

日本もあちこちの湖で冬になるとワカサギ釣りの光景が見られます。

 

氷上は寒くて少し苦手という方には、凍っていない湖の上からボートで釣りを楽しむことも出来ます。

 

寒さ対策でドーム船に乗って釣りが出来るところもあります。

 

 

ワカサギを釣る時は、ワカサギ用の竿が市販されていますからそれを使うといいと思います。

 

氷上で釣る場合は氷上用の少ない竿があります。

 

船の上からの場合は少ない竿ではなく、リールがつけられるタイプがいいと思います。

 

リールもワカサギ用のリールが売っています。

 

糸は1.5号から2号くらいの糸を使います。

 

ワカサギ釣りの仕掛けとしては、2号から3号の針を用い、0.3号から0.4号のハリスを使います。

 

オモリは2号から3号を使います。

 

餌はサシや紅サシ、アカムシなどがあります。

 

 

ワカサギは50cmくらい誘いを入れて釣ります。

 

ワカサギ釣りは底釣りです。

 

オモリが底に付くまで入れて大丈夫です。

 

ワカサギは底周辺を回遊していますから、そこにいれば食いついて貰える。

 

アタリが幼いため、集中心がけるようにしましょう。

 

 

ワカサギを押し込めるビニール袋やクーラーボックスなども忘れずに携帯して行くようにください。

 

ビニールシートもあると船に跨るときに下に敷いたり、座ったりするときに便利です。

 

ワカサギ釣りは冬の寒い場所で行います。

 

防寒対策もきちんとしてカイロなども携帯するようにしましょう。

 

ワカサギ,釣り,冬,氷上,道具

 

続いては、1月から3月の真冬に行なうことが出来る氷上のワカサギ釣りについてです。

 

氷上ワカサギ釣りは全国各地にメッカがあります。

 

岩手県にある岩洞湖、群馬県にある榛名湖、赤城大沼、信州の松原湖、福島県の桧原湖、北海道の網走湖や阿寒湖など多数あります。

 

 

そもそもワカサギは冬の間太い氷の下の暗闇でプランクトンを餌として食べて暮らしています。

 

その暗闇に氷に穴を開けて太陽の光をそそぐことで、プランクトンがその光に集まって来る。

 

そうしてこのプランクトンを食べるためにワカサギがたかるというわけです。

 

その集まったワカサギが穴から落とされた餌に食いつくという仕組みです。

 

ワカサギの穴釣りはこのようなワカサギの生態による釣り方法なのです。

 

 

氷上のワカサギ釣りを楽しむために必要な道具は、取り敢えず防寒具です。

 

どうしても季節は冬な上に氷上なのでいとも寒いです。

 

防寒靴、防寒服、耳が消え去る帽子、インナーウェアーもたくさん着込みましょう。

 

竿などの道具はレンタルできますが、防寒具のレンタルはありません。

 

充分準備しましょう。

 

必要な道具は、とりわけ氷に穴をあける「アイスドリル」です。

 

購入すると10,000円前後します。
レンタルもあります。

 

次に必要なのは「氷すくいのアミ」です。

 

氷に穴をあけて浮いてきた氷や雪などをすくうために必要です。

 

釣る際に腰掛ける「マット」や「椅子」なども七つ道具です。

 

長時間穴の前に座り続けなければならないので折りたたみ椅子などで氷の上に座らないようにした方が冷えません。

 

しかしあんまり大きな椅子で高さがあると、腰をかがめなければならずきつい姿勢になってしまいます。

 

ワンタッチドームテントなどもあると寒さ避けができて便利です。

 

レンタルもありますが、今はホームセンターなどで安価に購入できます。

 

二度とヒーターや七輪、ランタンなども寒さ対策としてあると便利です。

 

レンタルもありますから、できるだけ用意して下さい。

 

 

ワカサギ,釣り,冬,氷上,釣り方

 

次に氷上でのワカサギの釣り方です。

 

穴から紅サシなどの餌を擦り込みた針糸を垂らします。

 

低くゆすったりして誘ってから、ゆったりあげてみましょう。

 

穂先のアタリが微妙なので見逃さないようにください。

 

ワカサギ釣りの場合は、他の釣りとは違ってアタリあったとき直ちに仕掛けをあげてみて釣れているかどうか確認する程度です。

 

慣れるとその都度あげなくても、竿の揺れ具合や重さなどで判断出来るようになります。

 

ワカサギのアタリは少ないのでほとんどが手元まではこないのです。

 

竿先を見つめて微妙なピクピクとした動きやモゾっと震える感じで見極めます。

 

誘いでどんなにうまく竿先を揺らすこと無く誘えるかで釣れる量が違います。

 

 

ワカサギは成魚も10cm程度の大きさで小魚にすぎません。

 

ただしあなどるなかれ、ワカサギ釣りはデリカシーを要求される釣りなのです。

 

ワカサギは微妙なアタリで釣り人に挑戦してくるツワモノです。

 

また真冬の大自然の中で立ち向かう釣りやその景色も氷上のワカサギ釣りの醍醐味と言えます。

 

子供も女性けれども楽しめて家中が釣りを楽しむことができます。

 

 

ワカサギが釣れる時期としては、他の魚同様に寒いと活性が悪くなります。

 

ですからおんなじ冬の中それでも一番寒い2月などは一番活性が悪いです。

 

この時期は一番釣りにくい時期です。

 

依然として冬になりたてのワカサギシーズン序盤、それも朝や夕などの水温がある程度あがる時間帯はワカサギも浅場にいるため入れ食い状態になることもあります。

 

時期と時間を見極めるのも大切なポイントです。

 

 

ただし気をつけなければなりません。

 

冬だからといって毎日寒いわけではありません。

 

気温の上昇や水量の上昇により、湖面にクラックが加わることがあります。

 

このような地帯には近づかないようにください。

 

また雪がたくさん積もっていて下がよく見えない場所にも近づかないようにください。

 

飽くまで氷上で釣りを楽しむようにします。

 

また氷上に立ち入ることが出来る時間やドリルで開けて嬉しい穴の直径などが各釣り場で決められています。

 

一概に確認してマナーを守って釣りを楽しみましょう。

関連ページ

釣り
ワカサギ釣り、イベント大好きコロマン
釣りの種類
ワカサギ釣り、イベント大好きコロマン
釣り道具
ワカサギ釣り、イベント大好きコロマン
ワカサギ釣り、イベント大好きコロマン
タナゴ釣り
ワカサギ釣り、イベント大好きコロマン
バス、メバル釣り
ワカサギ釣り、イベント大好きコロマン
アメマス、カレイ釣り
ワカサギ釣り、イベント大好きコロマン
ヒラメ釣り
ワカサギ釣り、イベント大好きコロマン
クロダイ、アイナメ、越冬ギス釣り
ワカサギ釣り、イベント大好きコロマン
サバ、ブリ、ホッケ、太刀魚釣り
ワカサギ釣り、イベント大好きコロマン