釣り道具

釣り道具

釣りをするにはさすが釣りの道具が必要です。

 

釣りの道具にははなはだ多くの種類があり、道具を購入しに釣具屋さんへ出掛けると悩んでしまいます。

 

釣りに最低限必要な道具、あると便利な道具、釣りをよくするベテランが取り扱う道具など釣り歴などによっても違いがあります。

 

もう一度冬なら冬など季節によって、あるいは釣りたい魚によっても違いがあります。

 

 

初心者がまず最初に合わせると便利な釣具をみていきましょう。

 

ひとたび必要な道具として、「竿」があります。

 

釣りをよくする人は釣る魚などの目的別で数本揃えています。

 

初心者で最初に貰う竿ならば、3m前後の投げ竿がいいと思います。

 

2m以下の少ない竿は短すぎて使いやすいです。

 

お店に行けば、3,000円弱で購入することができます。

 

投げ竿はハゼやシロギスを釣ることができます。

 

また堤防などから、サビキ釣りやウキ釣りをするときに使えます。

 

 

次は竿に塗り付ける「糸」が必要です。

 

リールに巻き付ける糸は糸の太さは3号で150mくらいをリールに巻いておきます。

 

糸にも色んな材料のものがあります。

 

一般的に釣具屋で売っているナイロン製の糸を用意しておけば大丈夫です。

 

 

次に糸に塗り付ける「針」が必要です。

 

針もすこぶる様々なサイズや形があります。

 

釣る魚によって変わります。

 

また糸と針がもはやついた状態で販売されているものもあります。

 

初心者の場合はこちらを買った方が楽です。

 

仕掛けについても、釣り毎にあわせてあらかじめ作られたものを貰うのが一般的です。

 

釣り,道具,冬,ウキ,オモリ

 

まだまだ釣りの道具についてみていきましょう。

 

仕掛けを遠くまで飛ばしたり、水中に仕掛けをたらしたりする際に必要となる「オモリ」です。

 

オモリは鉛で出来ています。

 

オモリの重さは号数で表示されていて、号数の数字が大きくなるほど重くなります。

 

一層小さいものでカミツブシやガン玉などもあります。

 

魚を釣る環境、釣る魚、冬なら冬の季節に合わせた色んなサイズのオモリが必要となります。

 

大抵揃えてケースに入れて所持して行くといいです。

 

初心者の場合は、附属しているものを購入するといいと思います。

 

 

次は「ウキ」です。

 

初心者が取り扱う場合は固定型のウキで棒状の形をしたものや円形の形をしたものがあります。

 

本格的に釣りをする人の場合は遊動式のウキを使う場合もあります。

 

ウキについても釣りの状況によって使い分けが必要となります。

 

初心者の場合は、とても固定の円形状のウキの大きさを分けて所持していると便利です。

 

またウキと共にゴム管も用意しましょう。

 

ウキを糸に固定する際に使います。

 

釣具屋に行くとゴム管が数個入っているものが売っています。

 

 

次に「サルカン」と呼ばれるものがあります。

 

これは糸と針についている糸を連結する道具です。

 

糸同士を結ぶことも可能だが、初心者にこの作業は困難なのでこの道具を使用することをオススメします。

 

冬場は殊に手が悴んで糸を結ぶのも苦労するかもしれませんから、あると便利です。

 

 

「はさみ」も必要です。

 

糸を下回るときに使います。

 

糸が岩場に引っかかったり、他の糸と絡み合ったりして、糸を切らなければならない状況はよくあります。

 

小型のはさみやナイフなどを用意しておきましょう。

 

釣り,道具,便利,冬,クーラーボックス

 

次はあると便利な釣りをする際に必要な道具を挙げてみます。

 

 

では「クーラーボックス」です。

 

これは釣り専用のクーラーボックスでなくても大丈夫です。

 

通常レジャー用として使っているものが家にあればそれを使いましょう。

 

夏場はここに氷を入れて魚を保存しないとアッという間に痛んでしまいます。

 

冬場はそこまで必須ではありませんが、魚の鮮度を保つためなら例え寒い冬もクーラーボックスに入れた方が新鮮なまま持ち帰ることができます。

 

再び夏場はここに呑みものなどを入れておくと冷たく頂くことができます。

 

一見すると重苦しくて荷物になりそうですが、釣りをする際に椅子代わりになるのであっても邪魔になりません。

 

 

次は「帽子」です。

 

夏場の暑いときは熱中症対策として七つ道具です。

 

釣りは長時間座り続けたりのぼり続けたりするので帽子がなければ危険です。

 

冬場も風雨をしのぐのに便利です。

 

また真冬など風の強い時折釣り用の帽子にすると、あごひもがついていて結べるので飛ばされないで安心です。

 

 

次は「サングラス」です。

 

日中水に反射した強い日差しや太陽などを長時間見つめていることは目によくありません。

 

サングラスをすると、まぶしさが半減して竿やウキも見やすくなります。

 

天候にもよりますが、釣りに行く時折携帯していくと便利です。

 

 

次は「グローブ」です。

 

釣りの道具で手を傷つけたり、岩場などで傷ついたりする危険性があります。

 

手にはグローブをはめておくと安全です。

 

餌を垂らしたり針を持ったり詳しい作業をしやすくするために、指先がない形のものや親指や人差し指がない形のものなどがあります。

 

 

次は「ライフジャケット」です。

 

船釣りなどに行きには絶対必要です。

 

また磯から釣る際でもある程度の深さがある場所で釣りをする場合は危険ですから、ライフジャケットを着用して行うようにしましょう。

関連ページ

釣り
釣り道具、イベント大好きコロマン
釣りの種類
釣り道具、イベント大好きコロマン
釣り道具、イベント大好きコロマン
タナゴ釣り
釣り道具、イベント大好きコロマン
バス、メバル釣り
釣り道具、イベント大好きコロマン
ワカサギ釣り
釣り道具、イベント大好きコロマン
アメマス、カレイ釣り
釣り道具、イベント大好きコロマン
ヒラメ釣り
釣り道具、イベント大好きコロマン
クロダイ、アイナメ、越冬ギス釣り
釣り道具、イベント大好きコロマン
サバ、ブリ、ホッケ、太刀魚釣り
釣り道具、イベント大好きコロマン