WiMAX2+の料金をプロバイダー毎に比較します。どこがお得か一目瞭然!

インターネットが光ファイバー回線になってしまうと、もう遅い電話回線のメタルには戻れない

インターネットをはじめるなら光ファイバー回線でしょう。

 

メタル回線と比較すると全く圧倒的に回線スピードが違います。

 

ネットで光回線で契約する時にはどこの会社の光ファイバー通信回線がよいか比較してみることが大変重要です。

 

もっともポピュラーな光回線はNTTの回線でフレッツ光です。

 

 

日本中の全部ではありませんが、提供しているカバーエリアの広さはNTTが一番でしょう。

 

それから、もう一つ、KDDIが提供している「auひかり」ですかね。

 

NTTとKDDIを比較してみましょう。

 

光回線網を提供しているのはインターネット接続のプロバイダーサービス業者です。

 

 

これは自分の家からNTTまでの接続工事を施工していると考えていいでしょう。

 

実際にインターネットにつなげるにはネット回線のプロバイダーとの契約が必要になります。

 

NTTでもKDDIauひかりでもプロバイダーは自分で自由に選ぶことができます。

 

光ファイバー回線にすることによってADSLよりも通信のスピードは上がるのですが、プロバイダー自体の回線装置状況によってスピードの差があります。

 

 

要するに、プロバイダー選びも大切ということです。

 

ほんとうは、光固定回線の月額の利用料は回線接続のプロバイダーとは関係ありません。

 

また、スピードはPCスペックなども影響しますから、単純な数値だけ見ても不明なことが多いのです。

 

 

実際に光回線を選定する時には初期費用やキャンペーンでも割引などを比較してみるのがいいでしょう。

 

回線料金は毎月のことですから、その金額の開きは小さく無いでしょう。

 

 

また、割り行きキャンペーンは最初の数か月だけ、1年目だけとかの場合がほとんどですから、キャンペーン後の金額について知っておくことが大事です。

 

 

インターネットが光ファイバー回線になってしまうと、もう遅い電話回線のメタルには戻れないと思ってください。

関連ページ

インターネット時代に光回線を選ぶ必要性
WiMAX2+の料金をプロバイダー毎に比較します。どこがお得か一目瞭然!
NTTの「フレッツ光」か「auひかり」か
WiMAX2+の料金をプロバイダー毎に比較します。どこがお得か一目瞭然!