カビはまな板が大好き

カビはまな板が大好き

みなさんは、お台所にはえてしまうカビ、どんなふうに対処していますか?キッチンシンクも、ちょっとお掃除をさぼると、いつの間にやらカビらしきものが出てきてしまいますよね。

 

毎日、水を使用する立地ですので、かなり気をつけていないとカビは防止出来ません。

 

キッチンはクッキングを行なう立地ですので、カビが誤ってフードに付着してしまうことをきちんと防止しなければなりませんよね。

 

カビ菌がついたフードを体内に投入してしまうこというのは、身内の健康を守る上だとしても、主婦のみなさんがきっちりしなければならないポイントですよね。

 

さて、キッチンのなかでフードに直接触れるもの、それはなんと行ってもまな板ではないでしょうか?おクッキングするには、必ず、まな板を使いますよね?野菜や生肉、生魚、まな板は実に多様なものに触れる調理器具です。

 

このまな板にもカビがはえてしまうことがあります。

 

まな板は、いつも利用しているものであって、年中、水分があるからどうしてもカビにとっては心地よろしい立地になってしまいます。

 

そして、乾いたものを切断するこというのはわずかです。

 

まな板に乗せて切断するものを考えてみて下さい。

 

殆んどが水分を含むものですよね?そして、水分の以外にも栄養素が贅沢にまな板につきます。

 

これがそろっているのですのでカビはまな板が大好みですのです

 

みなさんのおうちのまな板は何色ですか?近頃では絵がついてものやキュートなお花が描かれているまな板もあるやうですね。

 

ですが、それは一部の方が利用しているだけで、おおよその方は白いまな板を利用しているとおもいます。

 

カビはまな板が大好き続き

カビはまな板が大好き

 

白いまな板は汚れが目立ちますし、カビが生えたのもよく分かりますから、みなさん気を利用していることでしょう。

 

ですが、見落としてしまいがちな箇所があるのです

 

それは、まな板の淵箇所です。

 

洗ったまな板を立てておく際等、どうしても淵はグラウンドに密着してしまいます。

 

そうしたケース、そこは乾きずらいということになりますよね。

 

ですので、まな板の淵がカビていることに気がつかない方もいるやうです。

 

カビは早速に広がりますから、それでお野菜を切断するなんて、知っていたら怖いことですよね。

 

フードに付着して、カビが体内に入るこというのは絶対に防止しなければなりません。

 

それによってには、常にまな板をカビから守ること、カビがはえたら掃除することがキーポイントです。

 

では、まな板はどんなふうに扱ったら、カビを防止出来るのでしょうか?まず、まな板をきれいに洗いましょう。

 

白いまな板が黒っぽく変色して見えることがありますがそれは汚れの見込みが強いです

 

ですので、黒ずみは洗って落として下さい。

 

洗剤をつけてゴシゴシ洗ってみる、それだとしてもダメなら、漂白剤につけて洗って下さい。

 

洗い残しはカビの栄養となってきます。

 

ということで、黒ずみが残っているまな板は注意しましょう。

 

そして、洗い終了しましたら、そのまま乾燥させるのことも良いですが、出来たら、エタノールで消毒しましょう。

 

エタノールでカビは死にます。

 

3分ほどそのままにしておくとカビ菌が死滅します。

 

そして、乾燥させます。

 

乾拭きをして、水分を取ります。

 

忘れないようにまな板の淵もふき取ります

 

こんなことを毎日、気をつければ、悪要素のまな板もカビを防止することが出来るでしょう。

関連ページ

カビは食べてはいけない
カビ防止にはカビを知る、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
カビ防止にはカビを知る続き
冷蔵庫のカビ防止続き、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
エタノールで冷蔵庫のカビ防止
エタノールで冷蔵庫のカビ防止続き、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
乾燥で風呂場のカビ防止
乾燥でお風呂場のカビ防止続き、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
家の中でカビが生えやすい場所
家の中でカビの生えやすい場所続き、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
靴底についたカビ胞子
靴底についたカビ胞子続き、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。