カビは食べてはいけない

カビは食べてはいけない

みなさんのおうちにはカビがあるでしょうか?お風呂場、キッチン等、気を緩めていると早速に出てきてしまうカビ。

 

カビを見つけたとしても、「そのうち、まとめてお掃除しよう!」なんて、カビのことを軽く考えている人も沢山とおもいます。

 

みなさんは、カビはすさまじく怖いものということを、御存知でしょうか?カビを防止したり、カビ対応策を考えたりする前に、どうしてカビがあってはいけないのか?そこから、きちんと知っておくべきでしょう。

 

カビの力、カビの怖さに対しての知識を獲得してから、カビの防止対応策をしたほうが良いとおもいます。

 

当然、パッと見もカビはすさまじく悪いものです。

 

フードにカビがはえたらがっかりしてしまいますよね。

 

うちでは、白いパンが特にやうです。

 

「さて、食べよう!」と感じたら、パンに緑色のカビがはえていて、捨てることになったことが何度もあります。

 

パッと見もいやですよね。

 

実は、パッと見だけでなく、私たちの体にカビは有害な物質ですのです。

 

ですので、カビ防止に力を入れたいものです。

 

カビはみなさんも御存知みたいに菌ですが、菌が全部、悪いものというわけではありませんよね?納豆や、味噌、パン、ヨーグルト等は、菌を利用して発酵させたフードです。

 

菌は体に良い働きもしてくれますので、良い菌もあるのです。

 

ですが、一定グレード、カビの菌は、体の害になるものが殆んどです

 

台所、お風呂場、寝室の壁、カーテン等にはえてきたカビは、全部有害だと思って大丈夫です、。

 

カビは食べてはいけない続き

カビは食べてはいけない

 

みなさんも御存知の通り、湿気と栄養があれば、カビは何処だとしてもはえてきますから、コンパクトなお子さんがいるごご家族は心配でしょうね。

 

まず、カビは口に投入してはいけないものです。

 

カビ毒というものが含有されていて、熱では死なない菌です。

 

中には発癌性があるカビもあるやうですので、食すことのないように注意しましょう。

 

カビがはえたフードを「焼けば大丈夫!」等と思って食すこというのはNGです。

 

カビがはえたパン、餅等、そこを手で容易にはらって、焼いて食す、こんなこというのはやめましょう。

 

カビがはえたフードは処分することが一番です。

 

コンパクトなお子さんはカビがはえていても、気が付かずに食してしまうこともあるでしょうから、大人がまめに確認して処分しなければなりません。

 

カビは人間の肺にも悪い影響をあたえます、。

 

カビを食すこと、体内に取り込んでしまったことで、重篤な肺疾患になるケースもあります、。

 

最悪、呼吸不全を起こす病気につながることもあります。

 

こんな風に、パッと見が悪いだけでなく、体に有害ということを頭にインプットし、ちゃんとカビ対応策、カビ予防をしましょう。

 

お子さんがいらっしゃるごご家族は、特に神経質になるくらいでよろしいと私はおもいます

 

赤ちゃんがカビを口に入れないようにしたいですね。

 

カビの防止対応策にグッズや薬もいろいろ市販生産品されているやうですし、常々の心がけでカビが防止出来る知恵もあります、。

 

カビが怖いものということを認識した上で取り組むと効力も高いでしょう。

 

カビ防止にはカビを知る

カビは食べてはいけない

 

みなさんは、カビ防止対応策、何かしていますか?ネットだとしても雑誌だとしても、多様な情報があふれていますよね。

 

つゆ時期になれば、テレビの情報番組だとしてもカビに対しての特集を行なうことがあります。

 

そういった中、確実にカビという敵をやっつけるには、カビの生態をよく知ることがキーポイントだとおもいます。

 

どうしたら、カビが生きるのか、どうしたら死ぬのか、そこを知ってこそカビ防止対応策が正しく出来るのではないでしょうか。

 

では、みなさん、お宅でカビが生え易い立地は何処でしょうか?真っ先におもい浮かぶ立地が、お風呂ではないですか?又、キッチン、まな板、冷蔵庫、玄関、押入れもやうですよね。

 

私の大好みな皮のブーツも気を緩めていると早速にカビが生えてしまいます。

 

カビは何だとしても、どの立地だとしても出てきます。

 

気が付いたら、カビが出てきている、実に油断出来ない相手です。

 

多様な立地にカビがはえるこというのは何処のお宅も一緒だとおもいます。

 

そこで、みなさんはどれくらいカビのことに対して御存知でしょうか?これらのカビが全部一緒のものだと思っていませんか?長年主婦をやっている方だとしても、カビが全部同じカビだと思って掃除している人がけっこう沢山やうです。

 

ですが、確かにカビに対してネットで調べたり、専門書を読んだりしてから掃除する人もあまりいないでしょう。

 

ですので、汚れと同様の感覚でカビを掃除している人が沢山のだとおもいます。

 

カビを退治し、防止するには、カビに対して知る必要があります。