祝い箸

祝い箸

お正月にはおせちクッキングやお雑煮などの“祝い膳”を頂きますが、祝い膳を頂く時は、“祝い箸”を使います。

 

お正月が近くなると、しめ縄や鏡餅等と伴にお正月準備品として祝い箸もストアー頭に並びますね。

 

祝い箸の長さは“八寸”(約24cm)です。

 

末広がりで縁起の良い“八”にこだわった長さとなっているのです

 

祝い箸は、そのスタイルによって多彩な呼び名が付いています。

 

・両口箸・・・両方の端が細くなっていますね。

 

どちら側だとしても口に入れることが出来るようになっていますが、口を付ける側はいつも同じ側にしておきましょう。

 

取り箸としてひっくり返して使用することもよく有りませんよ。

 

両口箸は、一方は自分用、もう一方は神様を対象としているものあることを意義しているのです。

 

歳神様へのお供え物を伴に頂くことで、恩恵を授かることが出来ます。

 

・柳箸・・・柳は木材のなかだとしても丈夫で折れにくい特性が有ります。

 

お祝いの席で使用するお箸ですので、“折れる”ことのないようにこだわっています。

 

・俵箸・・・両方の端が細く、中心は太いですね。

 

この形は米俵を表しています。

 

五穀豊穣と、子孫繁栄を願う心持ちが込められています。

 

祝い箸には使用する人の名前を書いておきましょう。

 

大晦日にファミリーの主人が皆の名前を書き、箸を入れて神棚にお供えしておくのが正式な形です。

 

祝い箸は使用後は綺麗に洗い、元旦から3日までのお食事時に使いましょう。

 

箸袋に水引などの飾りつけをしても、お祝いムードが高まって楽しいですね。

 

お雑煮

 

お正月の祝い膳はおとそから始まり、最後は“お雑煮”を頂きます。

 

お雑煮はお餅や野菜を入れた汁物で、お正月だけじゃなく、寒いシーズンにうってつけのおクッキングですね。

 

お雑煮はもともと言うのはお正月だけのものでは有りませんでした。

 

室町時代の宴では、前菜として出されていたのです。

 

腹部に優しいクッキングとして、体を保護する“保蔵(ほうぞう)”と言う呼び名も付いていました。

 

お正月に頂くほんらいのお雑煮と言うのは、歳神様にお供えしたお餅を若水で煮て頂く、と言うものです。

 

“若水”と言うのは、元旦の朝に汲んだ水のことです。

 

昔は早朝に井戸水を汲みにいき、汲み終了するまで人と話してはいけない、等と言う仕来たりもありました

 

若水を飲むと、新しい年の邪気を祓うことが出来ると言われていますよ。

 

現代では水道水を使用することが出来るので手がるですね。

 

お雑煮の製作法は、スポットによっていろいろです。

 

関東風では、しょうゆベースで角餅を使います。

 

手がるであると言うことから角餅が好評されているやうですが、焼いて角を丸くしてからお雑煮に入れます。

 

関西風では白味噌ベースで、丸餅を焼かずに使います。

 

丸い形は歳神様にお供えする鏡餅に倣っています。

 

それ以外にも、新潟では鮭とイクラが入ったお雑煮、島根ではあずきを入れておしるこんなお雑煮、香川ではあんころ餅を入れてつくります。

 

スポットによって多彩なお雑煮があり、楽しいですね。

 

同じ材料を使用していても、製作法や味付けは各ご家族で異なり、まさに“おふくろの味”とも言えるでしょう。

正月,雑煮,若水,餅,あずき

関連ページ

日本のお正月
祝い箸、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
門松
祝い箸、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
お正月飾りの飾り方
祝い箸、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
お年玉
祝い箸、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
おせち料理(1)
祝い箸、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
大晦日の過ごし方
祝い箸、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
除夜の鐘(1)
祝い箸、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
初詣(1)
祝い箸、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
お正月の遊び(1)
祝い箸、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
中国のお正月(1)
祝い箸、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
香港のお正月
祝い箸、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
欧米のお正月
祝い箸、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。