お年玉

お年玉

子供達にとって、お正月の随一の楽しみと言えば“お年玉”でしょう。

 

大人にとっては嬉しいものでは有りませんが、お年玉の準備を始めると、お正月がやってくるな、と実感する人もいるでしょう。

 

そもそも、お年玉の起源と言うのは何ですのでしょう。

 

お正月に天から降りてくると呼ばれる“歳神様”ですが、昔は歳神様へのお供え物として鏡餅を奉納していました。

 

この鏡餅を皆に分け与えていたことがお年玉の始まりだと言われています。

 

鏡は魂を映し出すものとして“玉”とも呼ばれていました。

 

歳神様の玉、と言うことで年玉となり、お年玉と呼ばれるようになったのです。

 

渡す額は年相応の額にしておきましょう。

 

多すぎる額もよく有りませんよ。

 

小学生にもなれば自分自身でお金の使い道をかんがえることが出来ます

 

幼稚園児は1000円くらい、小学生は3000円〜5000円くらい、高校生から大学生までは5000円〜10000円くらいが平均額です。

 

お年玉はファミリーや親戚、親しい人の子供に渡すのが世間一般的ですが、多彩な人と挨拶を交わすお正月では、目上の方と会うこともあるでしょう。

 

その方に子供がいたケースでは、お年玉を渡さなくては!とかんがえてしまうとおもいますが、世間一般的に、目上の方の子供にお年玉を渡すのは失礼だとされています。

 

渡したいケースではは、お年玉ではなく“お年賀”と記して、現金ではなく、本券や文房具、オモチャ等、品物を渡すと良いでしょう。

 

赤ちゃんに渡したいケースではは、お年玉の代わりに絵本やオモチャにするのもおススメです。

 

両親やおじいさん、おばあさんに渡したいケースではは、“お年賀”にして感謝の気持ちの心持ちを込めて贈りましょう

 

 

おとそ

 

お正月にはファミリーで祝い膳を頂きますね。

 

ファミリーでのんびりと過ごすお正月に、祝い膳は欠かすことが出来ませんよね。

 

祝い膳といえばおせちクッキングをおもい浮かべる人が沢山かとおもいますが、おとそやお雑煮も祝い膳です。

 

おとそ、祝い肴、おせち、お雑煮、の順に頂くのが正式な形です。

 

“おとそ”は元旦に頂くお酒ですが、漢方薬を使ったお酒で、ファミリーの健康を願って飲むものです。

 

お正月が近づくと多彩な形で売られていて完結品も有りますが、自分の好きの味に仕上げたいなら、ティーバックのスタイルがお薦めです。

 

お酒がお好きな方ならニホン酒に浸し、甘みがあったら嬉しいケースでははみりんに浸します。

 

1日浸して頂きましょう。

 

正式な形では、とそ器に入れて、大・中・小の3つの盃で頂きますが、常々使いの酒器で代用しても良いですよ。

 

ファミリーのなかで最年長者が最年少者にとそを注ぎます。

 

大の順に1杯ずつ飲んでいきますが、略式のケースではは1つの器に3回に分けて注ぎ、3回飲みます、。

 

飲み終わった人は、次に若い人に注ぎ、順番に3回ずつ飲んでいきます。

 

最年長者から始めるのが一定段階では?と不思議におもう人もいるでしょう。

 

おとそのケースでは、若い生気を年長者に渡すと言う、中国からの古い仕来たりに準じているのです。

 

厄年以外の人が飲んだ盃には、厄払いの力があると言われていますよ。

 

厄年の人は、最後に飲むと良いですね

 

お正月に皆で頂くおとそですが、おとそはお酒ですので子供やお酒が苦手な人、車の運転がある人は、口をつけるだけにしておきましょう。

正月,おとそ,祝い膳,みりん,厄年

関連ページ

日本のお正月
お年玉、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
門松
お年玉、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
お正月飾りの飾り方
お年玉、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
おせち料理(1)
お年玉、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
大晦日の過ごし方
お年玉、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
除夜の鐘(1)
お年玉、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
初詣(1)
お年玉、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
祝い箸
お年玉、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
お正月の遊び(1)
お年玉、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
中国のお正月(1)
お年玉、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
香港のお正月
お年玉、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
欧米のお正月
お年玉、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。