お正月飾りの飾り方

お正月飾りの飾り方

しめ縄や門松、鏡餅などのお正月飾りは、いつ飾れば良いのでしょう。

 

門松に使用する松は、昔は毎年12月13日に山に採りに行っていました。

 

この日は“松迎え”と呼ばれていましたが、13日以後に門松やしめ縄などのお飾りを飾る風習ができたことから、“正月事始め”とも呼ばれています。

 

ですが近頃では、華やかなクリスマス飾りも多く、正月飾りはクリスマスが終了してから飾られることが沢山ですね。

 

遅くても28日までには飾るようにしましょう。

 

お葬式の飾り付けは前日におこなわれるため、31日に正月飾りを飾ること言うのは“一夜飾り”と呼ばれ縁起が悪いものとされています

 

30日は旧暦では大晦日にあたり、31日と同様に縁起が悪いと言われていますよ。

 

29日は“苦に通じる”と言う意義があるとされ、避けられていることが沢山でのすが、スポットによっては29は福(ふく)とかんがえられ、良い日であるとしているところも有ります。

 

お正月に入り、飾りを外すにはいつ頃が良いのでしょうか

 

これはスポットによっていろいろです。

 

お正月に天から降りてこられる“歳神様”がとどまっている期間は“松の内”と呼ばれていて、松の内が終了してから飾りを外すのが良いとされています。

 

松の内は7日としているスポットが沢山のですが、15日とするスポットもあり、多彩ですのです。

 

お飾りを取り外したら、神社等で行っている“どんど焼き”で焼いてもらいましょう。

 

どんど焼きと言うのは、門松やしめ縄を境内で燃やす火祭りのことです。

 

どんど焼きの火煙で歳神様が天に帰ると言い伝えられていますよ。

 

歳神様が天に帰るのをちゃんと見届けるまでが、お正月行事ですのですね。

 

 

鏡開き

 

しめ縄、門松、鏡餅などのお正月飾りを飾るのは1月7日ころの松の内までと言われていますが鏡餅を片付けた後は“鏡開き”と言う行事が残っています

 

鏡開きと言うのは、お正月の間に飾っていた鏡餅を割って、ファミリー皆でオイシくいただく行事です。

 

昔は1月20日におこなわれていたものだったのですが、徳川3代目将軍である徳川家光が20日に他界したことから11日にあらためられ、近頃に至っています。

 

年末から飾られている鏡餅は、11日にもなってくると、ひび割れができ、カチカチになっています。

 

皆でオイシくいただく為には、食べ易い大きさにする必要が有りますね。

 

小さくする時は刃物を使用すること言うのは避けましょう。

 

お正月に“切る”こと言うのは縁起が悪いこととされています。

 

鏡“開き”と呼ばれるように、餅を素手で割るか、金槌や木槌を使用して叩き割って小さくします

 

そのまま割るとお餅が飛び散ってしまうので、袋に入れてから叩くと良いでしょう。

 

大きさにバラツキができてしまいますが、それも鏡開きの趣の1つです。

 

焼餅やお雑煮、お汁粉等、食べ方に決まりはないのでファミリーの好きに合わせて楽しくいただきましょう。

 

お餅の大きさを同じにしたい、どうしても形を揃えたい、と言うケースではは、やはり刃物を使用する必要が有りますね

 

ですが固いお餅はそのまま切ること言うのは出来ません。

 

一度電子レンジで温めてから切るようにしましょう。

 

鏡餅の餅には神様が宿っていると言われていますよ。

 

1年の健康と幸せを願いながら、ファミリー皆でオイシくいただきましょう。

正月,鏡開き,鏡餅,雑煮,お汁粉

関連ページ

日本のお正月
お正月飾りの飾り方、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
門松
お正月飾りの飾り方、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
お年玉
お正月飾りの飾り方、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
おせち料理(1)
お正月飾りの飾り方、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
大晦日の過ごし方
お正月飾りの飾り方、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
除夜の鐘(1)
お正月飾りの飾り方、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
初詣(1)
お正月飾りの飾り方、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
祝い箸
お正月飾りの飾り方、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
お正月の遊び(1)
お正月飾りの飾り方、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
中国のお正月(1)
お正月飾りの飾り方、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
香港のお正月
お正月飾りの飾り方、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
欧米のお正月
お正月飾りの飾り方、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。