門松

門松

“門松(かどまつ)”を見かけるようになると、お正月が来ることを実感しますよね。

 

玄関先や門に飾られる門松は、しめ縄と同様にお正月に欠かすことの出来ない飾りものです。

 

門松の松は“依白(よりしろ)”と言われて、歳神様は、依白を目印に降臨されてくると言われています。

 

門松の歴史は古来から、当初は椿や栗の木が、使用されていました。

 

平安時代の貴族間で長寿祈願として“松”が愛好されていたことから松が使われるようになり、鎌倉時代に入って竹と松が飾られるようになりました。

 

昔は門松に使用する松は近くの山まで採りに行っていて、これは“松迎え”と呼ばれていました。

 

松迎えは12月13日に行っていたことから、近頃だとしても12月15日ごろから門松を飾る風習が残っています。

 

門松の飾り方には多彩な部類が有ります。

 

料亭や百貨ストアー、オフィスビル等には豪華な門松が飾られていますよね

 

世間一般的なものは、斜めに切った竹3本を松で囲み、荒縄で結んだ形です。

 

スポットによって形が少しずつ異なり、関東風では短めの松を使い、下部はわらで巻く形となっています。

 

関西風では長めの松を使い、紅白の葉牡丹や梅老木、熊笹や南天等を添えて豪華な形が多くなっています。

 

一般ご家族では豪華な門松はなかなか飾ること言うのは出来ませんよね。

 

松の枝を門の両側に付けて蝶結びにした水引や輪飾りを添えたものや、松と竹を使用して門松風に寄せ植えにしたもの等、手がるに支度することが出来る門松が飾られています。

 

ホームセンターや生花ストアーでオーダーすることが出来ますが、自分自身で材料を集めて手つくりするのも楽しいですね。

 

 

鏡餅

 

平たくした2つの餅を重ねて創る“鏡餅”。

 

しめ縄や門松とともに、お正月飾りとして欠かすことの出来ないものですね。

 

鏡餅は神様と人を仲介するものとしてかんがえられています。

 

神様にお供えするものであることから“お供え餅”とも呼ばれていますよ。

 

鏡はもともと神様が宿る神聖なものとして扱われていました

 

また丸い形にはご家族円満、餅を2つ重ねた姿は新年をめでたく重ねる、と言う意義が込められている等、鏡餅はたいへん縁起の良いものとして、お正月飾りにうってつけのものですのです。

 

鏡餅は、三方(さんぼう)と呼ばれる台の上に、四方紅(しほうべに)と呼ばれる紅色で縁取られた白い紙を敷き、その上に裏白(うらじろ)を載せて餅を重ね、その上に干するめや串柿、昆布、橙(だいだい)等を載せて飾るのが世間一般的です。

 

鏡餅に使われるこれらの物には、きちんとした由来が有りますよ。

 

・三方(さんぽう)古くから、敬うべき相手に物を差し上げる時に使われていました。

 

平安時代には“衝い重ね”と言う名で呼ばれていました。

 

・四方紅紅で四方を縁確保すること言うのは、災いを払拭し、新年の繁栄を祈願する意義が有ります。

 

・裏白裏白は外装は緑色で裏が白いのが特徴的です

 

裏も白いこと言うのは綺麗な心を意義し、新しい葉がみるみる伸びてくる裏白は、永く栄えることを意義しています、。

 

・橙橙の実は。

 

青から黄色に熟したあとに、枝についたままで、再度、青色に戻り4、5年以上落下しないと言われています。

 

健康と長寿、家系繁栄を願ったものです。

正月,鏡餅,三方,裏白,橙

関連ページ

日本のお正月
門松、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
お正月飾りの飾り方
門松、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
お年玉
門松、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
おせち料理(1)
門松、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
大晦日の過ごし方
門松、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
除夜の鐘(1)
門松、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
初詣(1)
門松、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
祝い箸
門松、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
お正月の遊び(1)
門松、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
中国のお正月(1)
門松、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
香港のお正月
門松、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
欧米のお正月
門松、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。