「ダイソー」の水中メガネ

「ダイソー」の水中メガネ

「ダイソー」は、100円ショップとしてだいぶ有名です。日用品や文房具、コスメティックス、おもちゃ、食品など、私たちの生活に必要なものが数多くそろっています。また、季節のグッズも豊富に取りそろえてあり、夏のグッズとして水中メガネも売っています。

 

プールや海で書かせない水中メガネは、スポーツ用品店やモールなどに1,000円前後で、素晴らしいものだとそれ以上の価格で販売されていますが、100円ショップも手に入るなんて信じられない、という人も多いでしょう。

 

ダイソーの水中メガネは、子ども用のものだけでもさまざまな種類があり、カエルやひよこなどの良い動ものの形になったものや、カラーもうだうだあるので、子が喜ぶものが現れるはずです。また、水が苦手な子も可愛らしい水中メガネをつければ、幾らか水に顔をつけてみようかな、という気持ちも湧いてくる。

 

大人用の水中メガネも、しっかりとフィットするので目を保護し、子との水遊び程度なら、十分快適に楽しむことができます。耳栓も付いている商品もあるので、耳に水が加わるのが不安な人はおすすめです。

 

ダイソーなどの100円ショップで売っている水中メガネは、さすがに競泳用としては向いていませんが、殆どプールや海には行かないけど出向く機会ができた、という人におすすめです。と言っても、ある程度しっかり作られているので、ひと夏のレジャーには海もプールでも十分に満喫でき、結構お得ですよ。

 

また、ダイソーには、水中メガネ以外にも、夏のレジャーに使えるグッズとして、スイミングキャップ、浮き輪、レジャーシート、ビニールバッグ、防水ケースなど、さまざまな便利グッズが用意されています。ダイソーに行くいつかい、必ず夏のレジャーコーナーに立ち寄ってください。

 

 

プールに入る前の準備

スイミングを始めるとなると、各種ことに気を付けなければなりません。スイミングは水に関係することそれで、気軽な気持ちで始めるのは良くありません。そのため、事故が起こらないように、準備することや注意しなければならないことをよく知っておきましょう。

 

とにかく、水泳や水中ウォーキングなどプールでの運動を始めるためには、水着や水泳キャップ、水中メガネ、バスタオルなどを用意すれば問題ありません。水が耳に入るのが不快人は、耳栓を用意することをお進めします。また、プールの水には消毒のために塩素が含まれているので、目を続けるためにも水中メガネはことごとく着用しましょう。

 

プールに入る前には、準備運動をしっかり行いましょう。自分は準備運動なんかしなくても大丈夫、と水の中に突如入ってはいけません。体の筋をよく伸ばしておかないと、泳いでいるときに何気無い事故に達することもあります。また、体中をほぐしておかないと、プールを出た後に頭が痛くなることもあります。

 

プールに入る前の準備運動としては、肩を何気なく回す、手首をぐりぐり回す、腰に手を当てて回す、足の屈伸をする、足首を回す、くらいで良いので、必ず行なうことをお進めします。

 

また、準備運動をしっかりやっていないと、水の中で急に足がつってしまうことがあります。泳いでいるたまにぶらりと足がつると、パニックになっておぼれてしまうこともあります。これは、泳げる人も起きることで、自分は泳げるから大丈夫としてはいけません。そのため、もしも足がつってしまったら、痛いですが落ち着いて冷静になりましょう。そうして、足の指がつった場合は指をゆるゆる掛けることを繰り返し、足の裏がつった場合は指を持ち歩いて足の裏を反らせることを繰り返します。痛みが落ち着いてきたら、水から上がってやさしくマッサージください。

 

 

プールで注意すること(1)

公共プールではわずかと思いますが、海などでお酒を飲んで水の中に入る人がいますが、とても危険なので絶対にやめてください。泳げる人も、酔った状態だとちゃんとしたフォームで泳げなくなり、息つぎも正しくできなくなってしまいます。泳げない人だと一段と危険になり、溺れて命を落として仕舞う最悪の結果になることもあります。夏休みに海で友達などと面白く暮すのも良いですが、お酒を飲むと気持ちよくなって冷静な判断もできなくなるので、無理な行動をしやすくなります。そのため、お酒を飲んだら海で泳がない、という言葉を始終頭の中に入れて、一緒にいる仲間にもしっかりと話しましょう。

 

次は耳に関してです。泳いだ後に耳の掃除をする人は多いかもしれませんが、本当は水に入る前に掃除をするのが大切なのです。耳に耳あかがたまった状態で水に入ると、耳あかがふやけて外耳炎の原因になって仕舞うことがあります。そのため、プールに入ると分かっている日は、耳掃除をください。

 

プールから出た後のケアとしては、取り敢えず水分が耳の中に残らないようにタオルでしっかり拭きましょう。注意してほしいことは、水が耳から抜けない時です。綿棒で必ず水を抜こうとして、耳を傷つけてしまうことがあります。けれども、実際には、水が入って抜けないのではなく、空気が抜けていないことが多いのです。そのため、始終水が抜けないで困っている時は、鼻を指で押さえて空気を耳の方へ見せると、空気を引っこ抜くことができるので、この方法をおすすめします。

 

目のケアも大切です。プールの水には塩素が含まれているので、水中メガネを着用しないと目が充血してしまいます。水中メガネを着用していても、サイズが合っていないと隙間から水が入ってきてしまうので、使う人に合ったものを選びましょう。また、泳いだ後は目を洗って、できれば目薬を使うことをおすすめします。

 

 

プールで注意すること(2)

水の中での運動は、健康維持やダイエット効果など、さまざまなメリットがあるので、どうしてもおすすめ望む運動です。けれども、公共施設のプールやフィットネスクラブなどは、他の多くの人も利用する場所それで、マナーを守ったり自己の体調管理に気を付けないといけません。

 

まるで、空腹時に運動を行うのは危険です。空腹の時でも運動を行う場合は、ゼリー状で消化の良いもの携帯しておくと良いです。コンビニなどにも健康を意識した商品が売られているのでおすすめです。また、食べた後一気に運動を行うのも体調が悪くなってしまうので、食後1時間はあけましょう。

 

体調が多少なりとも悪い時は、無理しないように運動は控えましょう。病気で通院していたり薬を服用している人は、運動を通じて良いか医師と相談してから行いましょう。

 

また、プールに急に入ったり出たりするのも良くありません。水の中に入る前は、水の温度に慣れるためにシャワーを浴びることが大切です。プールから上がったら、水分を補給し体を休ませましょう。水の中に入っていると、水分補給を忘れてしまうが、水の中けれども汗をかいているので、しっかり水分補給しないと脱水症状を起こしてしまいます。

 

ダイエットや健康のためにプールに通うなら、水の中でゆっくりと長く体を動かすエアロビクスが理想的です。脈拍が1分間に120〜150を超えると体に負担が著しくかかり、エアロビクスとは言えなくなります。プールの更衣室や受付などには血圧計が設置されている施設もあるので、測ってみると良いです。もしも、血圧計がなくても、手首や首をさわって脈拍を量る方法もあります。6秒間脈をとってそれを10倍にすれば、1分間のだいたいの脈拍数になります。また、水の中まずは水圧によって、肺活量が陸上よりも約10%減少するので、呼吸を意識的にするようにしましょう。

 

女性に気を付けてほしいことは、公共のプールなどではノーメイクが鉄則です。プールに入る時は、メイクを通じて行かないか、プールに入る前にメイクを落とさなければいけません。ウィーキングだけで水に顔をつかないから大丈夫、と考える人もいるかもしれません。但し、でもメイクが水の中に入ることもありますし、水質の安全を保つためにもノーメイクのマナーを守りましょう。ノーメイクが一向にやましいという人は、女性のために作られたおしゃれな水中メガネもあるので、スポーツ用品店などでそんな水中メガネを購入することをおすすめします。

関連ページ

「水中メガネ」の責任
度付きの水中メガネについて、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
水中メガネのふさわしい付け方
水中メガネと曇り止め、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
水中メガネを安全に扱うための注意事項
SWANSの子ども用水中メガネ、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
ジュニア選手におすすめの水中メガネ
アウトドア向けと競泳用のゴーグル、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
女性にお勧めの「VIEWFRAU」
度付きゴーグルの細かい選び方、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
手作り川遊びグッズ
「Bling20」の個性的な水中メガネ、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。