ジュニア選手におすすめの水中メガネ

ジュニア選手におすすめの水中メガネ

7歳〜12歳のこどもで、記録会で良い結果を目指すジュニア選手には、飛び込んだりターンをしたりしても、抵抗がなく逸れ辛い水中メガネが必要です。では、子供用の競泳の水中メガネとしてオススメのSWANSの「SR-11J」を紹介します。

 

SR-11Jは、7歳〜12歳のこどもの身体的な特徴を調べて凹凸の少ない形状になっています。できるだけ顔に密着してゴーグルが顔の一部となるように設計されているので、視野も大きく確保することができます。一段と、見た目も顔や体格に馴染み、違和感はもらいさせません。

 

SR-11Jは、クッションのないノンクッションゴーグルですが、顔に当たる部分が痛むこともありません。ノンクッションゴーグルは、顔に密着することで抵抗を治めることが特徴ですが、クッションがないので痛みが伴うこともあります。なので、SR-11Jは、痛みが起こり易い部分と原因を確かめ、その部分の幅を取り丸みを持たせ痛みを分散させるようになっているので、痛みを軽減させます。

 

また、こどもが使いやすいように工夫されています。レンズの端の部分を双方構造にすることで、指でつかみやすく、着脱するたまに安全で簡単にできるようになっています。

 

鼻ベルトは、S、M、L、XLの4つのサイズから買えるようになっているので、こどもの顔のサイズにちょうど良くフィットし、水漏れを押えることができます。また、7歳から12歳のこどもというと、心からものすごく成長する時期なので、サイズを選ぶことで長くゴーグルを使うことができ、経済的にもオススメです。

 

再び、独自のデザインによって循環流が発生し、顔の前を通ってゴーグルの表面に起こる抵抗を制することができます。これにより、ゴーグルに水がまとわりつくことがなくなるので、頭の位置を持ち、息つぎも無理なく美しくできるようになります。

 

 

SWANSのフィットネスゴーグル

SWANSは、さまざまな目的でプールを楽しむ人のために、そのそれぞれの目的によって設計された水中メガネを取り扱っています。ここでは、水中ウォーキングやスイミングを行う人にオススメのフィットネス向け水中メガネを紹介します。

 

男女兼用のフィットネスゴーグル「SW-32」は、クッションの厚みが均一で、人間の顔の形状を追求した立体設計になっているので、顔に当たる部分の痛みが分散し、顔にゴーグルの跡も付き辛くなっています。

 

また、ゴーグルの上面には右を意味する「R」と左を意味する「L」と表示されているので、ゴーグルをきるら左右を確認でき、着け間違いを防ぐことができます。

 

レンズは大きめになってあり、視野が大きく明るくなるので、衝突などの心配もなく安心して自分のペースで泳ぐことができます。アイカップはクッションと一体化しているので、水漏れしたり、クッションがはずれたりずれたりする心配もありません。

 

鼻ベルトは、4サイズから選ぶことができるので、男女問わず広い人が取り扱うことができます。また、鼻ベルトが合わなくなった、という場合けれども、ゴーグルを買い換える必要がありません。

 

SWAMSのゴーグルには女性向けのフィットネスゴーグル「SW-30」もあります。このゴーグルは女性の声から生まれたもので、ゴーグル跡や痛み、デザインなど、女性がゴーグルに求める要望を叶えてもらえる。

 

前もって、クッションが顔にあたる面積を従来品より27%アップさせることで、ゴーグルの跡を付き辛くしています。また、痛みを感じやすい部分には立体クッションが使用されていあり、鼻ベルトも3サイズ用意されているので、頬や目頭の痛みを軽減します。また、ベルト通しの部分をほんのり後ろへずらしているので、ベルト通しが当たってきつい、という悩みも直しました。

 

どんどん、肌に触るクッションとベルトは、肌に優しい材料を使用していますし、ゴーグルのサイドには綺麗なデコレーションシールが施されています。全体的なデザインも女性らしさが表現されてあり、女性が喜ぶ機能が満載のなので、これからプールに通うことを考えている女性はこちらのフィットネスゴーグルをオススメします。

 

 

アウトドア向けと競泳用のゴーグル

SWANSのアウトドア向けの水中メガネを紹介します。

 

多くの曲げレンズは視界に歪みが生じ、めまいを起こしてしまうことがあります。それでも、SWANSのアウトドア向けの水中メガネの場合、レンズに歪みだけないので、気持ちが悪くなることもなく快適に泳ぐことができますし、視界もクリアで見やすいです。また、視界が大きいということで、トライアスロンや海や川などの自然の中を泳ぐオープンウォータースイムなどにおすすめです。

 

ベルトは簡単に調整する機能が採用されているので、ゴーグルを着けたりはずしたりする時や、ベルトを調整する時などは手間無くスムーズにできます。

 

次は、SWAMSの競泳用のために作られたスイミングゴーグルを紹介します。SWANSの競泳用スイミングゴーグルは、流水実験を通して、流水の抵抗を大幅に削減しています。また、レンズの視野幅は36mmを確保しているので、広くて本当に見やすいです。一層、ノークッションで顔にしっかりフィットしますが、アイカップに丸みを持たせているので、強めに押し当てても痛くならない設計になっています。

 

ベルトは立体成型ベルトで、飛び込んだりターンをしたりする時など、加速するときのブレを軽減し、アイカップを出来るだけフィットさせるために、側面の部分は円断面になっています。そうして、ホールドを強化させるために、後頭部の部分は平断面になっています。また、鼻ベルトはアイカップによりフィットさせるために、5つの広いサイズから買えることができます。

 

アウトドア向けや競泳用のスイミングゴーグルをお探しの方は、目的によって開発されたSWANSのゴーグルをおすすめします。

関連ページ

「水中メガネ」の責任
度付きの水中メガネについて、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
水中メガネのふさわしい付け方
水中メガネと曇り止め、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
水中メガネを安全に扱うための注意事項
SWANSの子ども用水中メガネ、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
女性にお勧めの「VIEWFRAU」
度付きゴーグルの細かい選び方、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
「ダイソー」の水中メガネ
プールで注意すること(2)、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
手作り川遊びグッズ
「Bling20」の個性的な水中メガネ、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。