「水中メガネ」の責任

「水中メガネ」の責任

プールを楽しむために必要な“水中メガネ”ですが、スポーツ用品店などに行くとさまざまな種類の水中メガネが販売されています。たいして多くあると、自分に合っているのがどれなのか、迷うと思います。

 

私たちの目は、水の中で視界を確保できるようになっていないので、水中で肉眼だと、ぼやけたり視界が歪んだりしてしまいます。そこで、水中での視界をクリアにしてくれるのが水中メガネなのです。

 

水中メガネは視界を確保することで、人と接触するなどの兆候を回避したり、水泳技術を向上させたりすることにつながります。また、プールの中には塩素が含まれているので、水中メガネ無しだと眼球を傷つけてしまう可能性があります。当然、十分に希釈してあるので、数分程度なら体に影響はないので、流水でよく洗い流せば問題はありません。但し、塩素に何多彩もさらしてしまうと、安心はできません。そのため、プールに入る時は、水中メガネの着用をオススメします。

 

水中メガネにはさまざまな種類がありますが、その中でひときわ一般的なのがクッション付きのゴーグルです。これは、肌とゴーグルが接する部分にゴム製のクッションが付いているものです。このタイプは、泳いだ後にゴーグルの痕が顔に残りづらいので、そういったことを気にする人にオススメです。

 

クッション無しのゴーグルもあります。こちらは、競泳用や試合用に使われることが多いです。クッションとなるゴムの無縁ので、そんなに水の抵抗を切り落とし、フィット感もアップします。基本的には、クッション無しの方が安く、壊れ難いという特徴もあります。但し、水中メガネに慣れていない人は、ひと度クッションのあるゴーグルから関わることをオススメします。

 

 

透明タイプとミラータイプの特徴

水中メガネには、レンズ面が透明のものとミラータイプのものがあります。自分はどちらを選べば良いのか?ということで考え込む人も多いというので、透明タイプとミラータイプの特徴を紹介します。

 

この2つの大きな違いは、視界についてです。透明タイプはそのままの状態なので、視界がほんとにクリアですが、ミラータイプは加工されているので、視界がちょっと暗く感じます。ミラータイプの良いところは、外のプールで太陽の光などが良いら役立ちます。また、透明タイプの水中メガネだと目が思い切り見えてしまうので、ほんのり照れくさいと感じますが、ミラータイプならきっと外から見えないので、まるで気にならないと思います。また、ミラータイプなら、見た目も渋いので、大人の方ならこちらの方がお進めです。

 

また、ミラータイプでなくても、レンズのカラーはさまざまな色があります。では、レンズカラーとその見え方や特徴を紹介するので、用途によって選らんで下さい。

 

「スモーク系」は、余裕色調に見えるので目にやさしく、いくぶん明るく落ち着いた色が良い人にお進めです。可愛らしいと感じる光を均一にカットします。

 

「パープル系」は、嬉しいレンズですが良い光をカットするので、まぶしさを鎮めます。

 

「ブルー系」は、明るくさわやか色なので、気持ち的にポイントを上げることができ、平静を保てるカラーです。長距離を泳ぐ時やクールダウンなど、一定の早さで泳ぐらお進めです。

 

「グリーン系」は、リラックス効果や癒し効果のあるカラーで、余裕視界も実現するので、目が疲れ難いのが特徴です。

 

「オレンジ系」は、コントラストきっちり見せ、目元や周囲も明るく映るので、気持ち的にも高揚させる効果があります。

 

「ブラウン系」は、 夕日という色でまぶしさを解きほぐし、水の中それでは遠くの方まで敢然と見分けることができます。また、肌の色もののので、顔に自然となじみます。

 

「レッド系」は、気分的や精神的に上げる色なので、舞台などに使用すると良いでしょう。ただ、長時間装着していると疲れやすくなることもあります。

 

「ピンク系」は、気持ちを穏やかにする効果があるので、ウォーミングアップにお進めですし、明るさの影響を受けづらいのでいつも周囲が明るく感じます。

 

 

度付きの水中メガネについて

水中メガネには、目が悪い人のために度付きの水中メガネもあります。目が悪い人がメガネやコンタクトレンズをはずして泳ぐと、コースからはずれたりターンのタイミングがつかめなかったりします。また、コンタクトレンズをはめたまま泳いでいる人もいるかもしれませんが、塩素によってコンタクトに悪影響を及ぼしたり、衛生上にも問題があったり、紛失してしまったりする恐れがあります。そのため、ハードコンタクトや使い捨てではないコンタクトレンズの場合は、コンタクトレンズをはめたままプールや海へ入るのはやめましょう。

 

どうもコンタクトレンズをはめてプールに入りたいという人は、1日使ったら使い見切るタイプのコンタクトレンズをお勧めします。これなら、紛失したとしてもその日の分だけなので、さほど問題ではありませんし、衛生的にも安心です。

 

使い捨てのコンタクトレンズもはめながら泳ぐのに抵抗がある人や、乱視の影響でハードコンタクトしか使えない人は、度付きの水中メガネがお勧めです。

 

度付きの水中メガネをはじめて購入する人は、度数に関して迷うかもしれません。ディーラでは度付きゴーグルの目安となる表などがあると思いますが、でもどれが自分にあった度数なのかわからなかったり、普段使っているコンタクトレンズやメガネと同じ感覚で度数を選べば良いのか迷ったりしてしまうかもしれません。そこで、度付きゴーグルを選ぶポイントを紹介します。

 

水の中まずは、ものが陸上の約1.3倍に見えることと、泳ぐ際に文字など詳しいものを見分ける無用ことを考えると、普段使っているコンタクトレンズなどの度数よりも2〜3段階低いものを選ぶと良いでしょう。よく映るものが良い、と度数が強いゴーグルをはおると、頭痛が起きたり気持ちが悪くなったりして仕舞うこともあります。

 

自分のコンタクトレンズやメガネの度数が思い付か場合は、眼鏡屋さんに相談すれば測ってもらえると思います。また、眼鏡屋さんも度付きのゴーグルを取り扱っているところもあるので、自分に当てはまるものを相談にのって選んでくれるので安心ですよ。また、有名なスポーツ用品店なら、試着用のゴーグルやレンズがあることが多いので、着けてみた感じや見えやすさなどを確認できます。初めての方は、このようなお店で購入することをお勧めします。

関連ページ

水中メガネのふさわしい付け方
水中メガネと曇り止め、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
水中メガネを安全に扱うための注意事項
SWANSの子ども用水中メガネ、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
ジュニア選手におすすめの水中メガネ
アウトドア向けと競泳用のゴーグル、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
女性にお勧めの「VIEWFRAU」
度付きゴーグルの細かい選び方、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
「ダイソー」の水中メガネ
プールで注意すること(2)、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
手作り川遊びグッズ
「Bling20」の個性的な水中メガネ、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。