「炭」によるバーベキューコンロを使う場合、炭も大切なバーベキューセットの1つとなります。
炭にも各種種類があります。
バーベキューにお薦めの炭は「切炭」です。
但しバーベキュー初心者という人にお薦めなのは「黒炭」です。

 

「黒炭」はアウトドアの季節になるとホームセンターなどに設置されるバーベキューセットコーナーで一般的に売られているものです。
原料にマングローブを通じていて、東南アジアから輸入されているものがほとんどです。
黒炭は白炭よりも着火しやすいので、初心者それでも揃え易いのが特徴です。
火保ちはよくないのですが、安いので気軽に選べるというメリットがあります。
安いものそれでは、中に乏しい端材がたくさん入っているものがあります。
購入前に中身をチェックしてから貰うことをお薦めします。
バーベキューを行う場合、必要となる炭の目安分量は1人1kgくらいです。

 

「備長炭」は表面が白っぽいので、黒炭に対して「白炭」と言われることもあります。
ウバメガシを通じて作られた炭です。
どの炭よりもやはり火保ちが相応しい炭です。
ただし着火しにくいというデメリットがあります。
二度と着火した後でも条件の小さい時折消えてしまうため、いまいちバーベキュー向きではないと思います。

 

「切炭」や「菊炭」の火保ちはたいして済む方です。
炭の切り口部分が菊の花のようにきれいなのが特徴です。
しっかりと焼いて完全に炭としてあるため、火おこしするときにタール系の臭いもしません。
着火は黒炭と同じくらいいいです。
価格は些か高めですが、着火、火保ち、火力のリライアビリティなどの扱いやすさを考慮すればお薦めの炭と言えそうです。

 

他にも「オガ炭」があります。
オガくずを固め薪として焼いて炭としています。
形は六角か四角で真ん中に穴があります。
備長炭という性質があります。
着火性はいまひとつなのですが火保ちがよくて長時間火力が安定するというメリットを所持しています。
火保ちがいいので頻繁に炭を継ぎ足す手間もなく扱う炭の量も少なくてすむためお得です。
頻繁にバーベキューをする人、大勢でバーベキューをするため大量に炭を使う人などにお薦めです。

 

 

購入かレンタルか

一年に1回か2回、ほんの数回しかバーベキューをしない人は、バーベキューセットを購入した方がいいのか、レンタルした方がいいのかどちらがいいのでしょうか。
一年に1回あげるだけのために残りの364日、大きなバーベキューセットを一式保管しておくのも一大ことです。
それだけのために準備して片付けて二度と保管しておくのは一大ことです。
それでは何回からには、レンタルではなく購入した方がお得になるのでしょうか。

 

バーベキューセットを一式買うと、通常は5,000円くらいで揃えることができます。
本格的なバーベキューセットを買って楽しみたいとなると10,000円以上はかかると思います。
それに対してレンタルの場合は、1回1セットを2,000円くらいで借り受けることができます。
一層食材まですべてレンタルできるところもあるため、手ぶらで気軽に出かけてバーベキューを楽しむことができるというメリットもレンタルにはあります。
ですから、バーベキューを年に数回しかしない場合には、レンタルすることをお奨めします。
掃除して後片付けして車に乗せて戻り、自宅で長期間保管するという手間が至極ありません。

 

最近では、バーベキューセットを一式指定場所まで届けてもらえるというサービスを提供している会社があります。
事前予約しておけば、時間までにコンロや炭、食材まで一式を指定場所へ届けてもらえるそうです。
終わった後も取り去りに来てくれるので、片付けなどをする必要もなくはなはだラクラクバーベキューが楽しめます。
気軽に楽しみたい人にお奨めです。

 

ただし、買い出し、準備、後片付け、これらもそこそこはバーベキューの醍醐味だと思うのですべてを任せっきりはさみしい気もします。
ケースバイケースで利用するのがいいと思います。

関連ページ

バーベキューセット
卓上型と脚付きコンロ、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
バーベキューセットについて
コールマン、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
ロゴス
CAPTAIN STAG、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
ユニフレーム
ザイグル、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
ホンマ製作所バーベキューコンロ
ロードトリップグリル、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。
ロータスグリル
テーブルセット、暮らしや生活に役立つ情報を集めています。