日常生活で大気汚染を防止する方法

日常生活で大気汚染を防止する方法

大気汚染を防止する為に当社が出来る事が有ります。

 

大気汚染は地球問題の一門になっています。

 

この地球問題は地球温暖化にも繋がっていますので防止する事がいやに大切になります。

 

どんな方法が有るのか日常生活で出来る方法を少し挙げてみたいと思います。

 

 

 

先ずはちょっとした事で構いませんので「省エネ」を心がけて下さい。

 

使っていない部屋の明かりを消すという小さな事でも構いません。

 

それを習慣にする事で大きな省エネに繋がっていきますよ。

 

次に「待機電力」ですね。

 

テレビの電源をリモコンで切らないで主電源から下回る様に癖塗り付けるだけで二酸化炭素削減に繋がります。

 

電源が付いているOAタップを利用すると敢えてコンセントを抜かなくても一度に切断出来るので良いですよ。

 

また節水を心がける事でも大気汚染の防止に繋がります。

 

歯ブラシをする時は蛇口を閉めるとか、お風呂で流す時以外はシャワーを逃げるとか単なる心掛けが大気汚染防止に繋がります。

 

またプラスティックや新聞、瓶、段ボール等、リサイクルが可能なものは資源回収を通してリサイクルする様にください。

 

こんなゴミを減らす為の二酸化炭素排出量の削減に繋がりますよ。

 

またエアコンを使う時も設定温度を夏は高めに、冬は低めに設定する事で防止が出来ますのでぜひ試してみて下さい。

 

この様に日常生活の中での単なる心掛けで大気汚染防止が出来るのです。

 

みんながやれば大きな防止になりますのでぜひ試してみて下さいね。

 

 

 

 

温室効果ガスの内容

直接、地球温暖化現象の原因と言われているのが温室効果ガスが増えたからだと言われています。

 

これは大きな地球問題として取り上げられています。

 

そういった温室効果ガスには色んな種類が有るのですが、中それでも二酸化炭素の排出量が増えた事が大部分を占めているのだそうです。

 

セルフ辺りの二酸化炭素の排出量が多い国はアメリカ、オーストラリア、ドイツ等大国が主体となっています。

 

やはりその中には日本も含まれています。

 

二酸化炭素が増加した原因としては石炭や石油といった化石燃料が燃焼されて大気中に排出されたのが原因だと言われています。

 

今はセルフ辺りの二酸化炭素の排出量は大国の人が大きな割合を占めていますが、今後発展途上国においても産業や経済が発展していくと同時に排出量も増えて行くと予想されるのです。

 

だから世界中のどの国も、経済発展と温室効果ガスの排出量を加味して抑制する様な内容を両立出来るシステムを作りあげる事が課題となってくると思います。

 

これにより少しは地球問題も解決に向かうかもしれません。

 

そういった温室効果ガスは二酸化炭素だけではありません。

 

一酸化二窒素、フロン、メタン等もあるのです。

 

メタンは化石燃料を燃焼させたり、土地開発をしたりして発生すると言われています。

 

計測後から現在に至っても増加傾向にあります。

 

またフロンはオゾン層を破壊する性質を持ち歩いている温室効果で、地球温暖化もそうですが、早急に解決される事が嬉しいのです。

 

 

 

 

オゾン層破壊の原因とは

フロンガスが地球問題であるオゾン層破壊の原因だと言われています。

 

いよいよ一部地球問題で深刻な事に地球温暖化があります。

 

フロンガスは地球温暖化の原因であるとも言われているのです。

 

地球温暖化防止に二酸化炭素の排出量を燃やす取り組みがされていますが、フロンガスはその二酸化炭素より温室効果が数千倍もあるのです。

 

フロンガスは世界中で色んなものを冷却する為に使われていたガスになります。

 

車や家のエアコン、冷蔵庫等は当然使われていたのです。

 

今は強国では1995年以降はフロンガスを使わない様にしていますが。

 

以前に購入したエアコン類においている家庭では何となく今もフロンガスを発生しています。

 

またそういったエアコン類を買い換えて処分する際、あまりにフロンガスを発生させてしまうという問題もあります。

 

フロンガスは空気より酷いのでオゾン層へ少しずつ近付いていきます。

 

その期間が大体20年後と言われているのです。

 

ですからフロンガスを発生させて至急オゾン層が破壊されるのではなく、オゾン層に到達した20年後に破壊されていくという事になるのです。

 

オゾン層を繰り返す事が出来ない以上、われわれに出来る事はフロンガスを燃やす事でしかないのです。

 

今はフロンガスではなくて代替フロンガスを使用していますが結局はフロンガスにおいている事には変わりありませんのでフロンガスを使わないでエアコン類を作動出来る様な開発を通じていなかくてはならないのです。

 

オゾン層破壊は深刻な地球問題です。

 

今われわれが出来る事はフロンガスを排出止める事でしかありませんので、一人一人が意識を保ち、多少なりとも出さない様に努力していかなくてはならないのです。

 

 

 

 

オゾン層破壊を防止しましょう

フロン回収に協力して地球問題の1つであるオゾン層破壊を防止していきたいですよね。

 

フロンの生産は1995年以降各大国において中止されています。

 

世界一丸となってオゾン層破壊という地球問題に取り組んで行こうという姿勢なのです。

 

但しこの取り組みがこなせる1995年以前に作られたエアコンや冷蔵庫等はまだフロンガスを発生させている様で、少しフロンガスを発生させる家電を通じている家庭も多いのだと思います。

 

またフロンガスは昔の家電からだけじゃなく、不法投棄された家電からも出ていると言うのです。

 

家電のリサイクル法が出来てから処分にお金が加わるとして不法投棄する人が増えていると言います。

 

リサイクル法で引き取られた家電はリサイクルだけじゃなくてフロンガスの処理もされているのです。

 

今まで地球問題に目を向けていなくて知らずにオゾン層破壊を通じてきたのですから、多少なりとも破壊が防止出来る様にリサイクルもらい、充分処理してもらう様に努める必要があるのです。

 

今後、オゾン層破壊を封じる為の防止策として、家電を貰う際に環境に有難い製品であるか、フロンガスを発生させないか見つける事が大切となります。

 

これは貰う側も作りあげる側も当てはまる事ですが、環境に手厚い製品を形作り、それを扱う事がオゾン層破壊防止の大きな活動第一歩という事になるのです。

 

オゾン層破壊は大変に深刻な事です。

 

これ以上壊さない為にも負かした我々が気を付けて今行える事を働く必要があるのです。

 

 

 

 

このまま地球温暖化が続いた場合2

地球温暖化という地球問題があります。

 

この地球問題は深刻でこの時に続いた場合に地球が、動植ものが、私たち人間がどうして影響を受けるのか分かりません。

 

地球温暖化が続いた場合に起こり得る事象を挙げてみましょう。

 

 

 

先ずは「自然環境」にどうして影響を与えるのでしょうか。

 

植ものや動ものはその生態系に合った環境の土地で生息しています。

 

逆を言うとその場所でないと生きていけないのです。

 

ですから地球温暖化がこの時に進んでしまうとその土地の環境が変わってしまい、自分達が暮らせる条件に該当しなくなってしまうかもしれないのです。

 

寒い場所でしか生息出来ない動植もの達はどうなってしまうのでしょうか。

 

絶滅の危機にさらされるものも出てくるかも知れませんね。

 

 

次に「人体への影響」についてです。

 

地球温暖化が続いた場合、私たち人間の身体にいかなる影響が出てくるのでしょうか。

 

たとえば夏がいつも以上に暑い日が続いてしまった場合に熱中症を発症する人が増えてくる。

 

また優しい地域が増えて自然環境が変わるという事は病気を発症させる動ものが住む地域が流れるという事でもあり、伝染病が発症する可能性が高くなって現れるかもしれないのです。

 

別途農作ものの作業にも影響が凄まじくでできます。

 

農作ものの収穫量が減ってしまうのです。

 

そうすると値上げにもなりますし、食料の確保自体難しくなってくるよね。

 

そういった影響は農作ものだけじゃなく、水産業、レジャー産業においても見つかるのではないかと予想外されているのです。

関連ページ

地球の環境問題について
「ヒート・アイランド現象」について、イベント大好きコロマン
このまま地球温暖化が続いた場合
地球環境問題とは、イベント大好きコロマン
地球温暖化が近寄ってきています
地球温暖化の対策を始めよう、イベント大好きコロマン
「環境ホルモン」について
「異常気象」について、イベント大好きコロマン
生活の中でCO2を削減していきましょう
生活の中でCO2を削減していきましょう4、イベント大好きコロマン
ゴミを減らす為の4R運動
ゴミを減らそう、イベント大好きコロマン
「オゾン層破壊」について
「水質汚染」について、イベント大好きコロマン