ゴミを減らす為の4R運動

ゴミを減らす為の4R運動

ここ数年、地球問題である地球温暖化を防止する為の運動が活発化しています。

 

元々「3R運動」と呼んでいたそうですが、今は一部増えて「4R運動」として地球問題に取り組んでいるそうです。

 

この4つのRについて挙げてみたいと思います。

 

 

 

【Refuse(リフューズ)】
これは「断わる」という事を指しています。

 

ゴミを燃やす為に辞するのです。

 

たとえばスーパーのレジ袋は家に持って帰るとゴミになるだけですよね。

 

それならばエコバックを扱う様にしてレジ袋を味わう事で断るとか、お店で買いものを通して包装をしてもらう際、過剰包装を止めてもらうとかゴミを燃やす為の断りをする様にください。

 

 

 

【Reduce(リデュース)】
これは「燃やす」という事を指しています。

 

ゴミを分別したりしてゴミを燃やす努力をしていきましょう。

 

 

 

【Reuse(リユース)】
これは「再利用」という事を指しています。

 

現在の世の中はたくさんのものが在る為に新しいものが出たら古くさいものを捨てて買い換えるという無駄が生じています。

 

壊れてもいないのに売るのは勿体ないですよね。

 

出来るだけ助かるものは活かし、使えなくなったらリサイクルする等、資源の無駄遣いをしない様にください。

 

 

 

【Recycle(リサイクル)】
これは「再資源化」という事を指しています。

 

資源には限りが有ります。

 

バカスカ使っていたのではいつか無くなってしまいます。

 

ひとまず使ったら再利用できないか、再資源として取り扱う事が出来ないか見極めてリサイクルして貰う様にください。

 

その為にはゴミを現す際に分別をしっかりとする必要が有ります。

 

 

 

 

ゴミを減らそう

生活レベルで地球温暖化、地球環境等の地球問題を解決して行こうと考えた時、ゴミ処理問題を欠かす訳にはいきません。

 

世界中には誠に豊かな自然がたくさん存在しています。

 

そうしてそこにはたくさんの資源も溢れているのです。

 

こんな資源が存在するからこそ世界中で私達人間を始めとして色んな生ものが存在する事が出来るのです。

 

その一方で、こんな資源を有効利用して色んな製品が開発されています。

 

こんな製品類は私達の生活を豊かにしてくれるずいぶん便利なものです。

 

技術も進化し続けているので、おんなじ製品でどんどん新製品が開発されていっています。

 

ただし製品が登場する度にゴミが増えていっているのも事実です。

 

地球に存在する資源は豊富ですが無制限にあるわけではありません。

 

資源には限りがあるのです。

 

便利な製品は生活を豊かにしていっている反面、資源を蝕んでいっているという現状でもあるのです。

 

またゴミ処理をするにも資源が選べる事になりますので、二酸化炭素がたくさん排出される様にもなります。

 

そうすると地球温暖化に拍車が加わり地球問題も低下していってしまう。

 

近年はこんなゴミを燃やすという対策、資源を大切に続けるという対策の為にリサイクル活動が世界中で活発化しています。

 

私達の生活の中にもそういったリサイクル精神やゴミを出さないというカンガエガ徐々に浸透してきたとも感じます。

 

弊社が簡単に出来る地球温暖化対策として、ゴミを燃やすという事を考えてみてはいかがでしょうか。

関連ページ

地球の環境問題について
「ヒート・アイランド現象」について、イベント大好きコロマン
このまま地球温暖化が続いた場合
地球環境問題とは、イベント大好きコロマン
地球温暖化が近寄ってきています
地球温暖化の対策を始めよう、イベント大好きコロマン
「環境ホルモン」について
「異常気象」について、イベント大好きコロマン
生活の中でCO2を削減していきましょう
生活の中でCO2を削減していきましょう4、イベント大好きコロマン
日常生活で大気汚染を防止する方法
このまま地球温暖化が続いた場合2、イベント大好きコロマン
「オゾン層破壊」について
「水質汚染」について、イベント大好きコロマン