「オゾン層破壊」について

「オゾン層破壊」について

「オゾン層破壊」も深刻な地球問題の1つであると言えます。

 

遠い遠い昔、地球にはオゾン層は存在しませんでした。

 

オゾン層が無いと太陽から発せられる紫外線が直接地上に降りかってくる為に生ものが生きて行く事は出来なかった様です。

 

但し現在の地球にはオゾン層があります。

 

地上から20〜30kmの所に厚さ単に3mmと言ったないものです。

 

この薄さで紫外線を防ぎ、地上の生ものを守ってくれているのです。

 

オゾン層は人間が生きて行く上で絶対に必要なものなのですが、このオゾン層を人間が壊そうとしているという事が地球問題でもあるオゾン層の破壊なのです。

 

オゾン層が破壊向かうとどうなるのでしょうか。

 

オゾン層は先程記述しましたが、太陽光においている紫外線をカットしていただける働きをしてくれています。

 

オゾン層が破壊されて有害な紫外線が身体に当たることで皮膚がんを引き起こしたり、白内障や失明を引き起こしたり、免疫が低下してAIDSを始めとする色んなウィルス性の病気を引き起こしたりしてしまうのです。

 

また遺伝子にも影響を出すとも言われているのです。

 

そういった事から世界中で皮膚がんや白内障にかかってしまった人が増加していると言います。

 

日本も例外ではなくそういった病気を引き起こしている人が増加していると言われているのです。

 

また予想ですが今から約20年後にはオゾン層が今の2/3に減少してしまうと予測されています。

 

こうなってしまうと人体だけじゃなく色んな所に影響が出てきてしまって最悪な事態になってしまう。

 

この様にオゾン層破壊はとてもスゴイ環境問題の1つであると言えます。

 

 

 

 

「大気汚染」について

我らが生きて行く上で絶対に欲しいものが空気です。

 

その空気、本当は色んなもの質に汚染されていると言われています。

 

こんな大気汚染は地球問題の1つとなり、地球温暖化の原因にもなっているのです。

 

大気汚染は遠い所で行われているのではなく、身近から汚染されています。

 

その原因として主に挙げられるのが、工場や自動車が描き出す排煙なのです。

 

アジアでは近年、急速に工業化が進んでいます。

 

そうして人口が多くなると必然的に自動車を利用する人も伸びるのです。

 

こうなると大気汚染はグングン深刻化していくと思います。

 

また大気汚染は動植ものの健康を害したり、地球温暖化にも繋がったり等地球問題にも発展していくのです。

 

こんな環境問題は人間が作り出したものとも言えるので、私達人間一人一人の意識をちょこっと切り替えるだけで解消に向かう問題であるとも言えるのです。

 

戦後、経済的成長と共に大気汚染が深刻化して大気汚染防止法が制定され改善されてきたのですが、今は自動車等の乗り物から出る排ガスが主流となって大気汚染が深刻化してきている
現状にあります。

 

近年においては国を挙げて大気汚染を改善させるべく政策を実行し、ある程度効果を出してきてはいるのですが、引き続き問題は山積みとも言えるでしょう。

 

記憶に目新しいところだとディーゼル車の規制が有りましたよね。

 

こんな協力が大切となります。

 

もしも我らが日常生活において大気汚染を防止出来るものがあるのであれば協力していきたいですね。

 

 

 

 

大気汚染にはどんな物質が有るのでしょうか

大気汚染もの質と呼ばれる種類がいくつか有ります。

 

地球問題にもなっている地球温暖化ですがその原因に大気汚染が挙げられています。

 

いかなるもの質が有るのか挙げてみたいと思います。

 

 

 

【二酸化窒素】
大気汚染の原因として言える代表的なもの質が二酸化窒素(NO2)になります。

 

ボイラーや自動車の排気ガスから発生している物質になります。

 

二酸化窒素は酸性雨の原因となりますので地球問題としての環境問題になるのです。

 

 

 

【浮遊粒子状もの質】
字の通りですが、空気中に浮遊している物質という事になります。

 

これも二酸化窒素と同じ様に大気汚染の代表的なもの質になります。

 

工場のばい煙、自動車の排ガスから発生したり、火山や森林火災からでも発生している物質になります。

 

人的にも自然からでも発生する汚染もの質になります。

 

影響は人体に影響を生み出すので健康に害を鳴らす可能性が有ります。

 

その為に呼吸器系が弱い方は死亡率が伸びる場合もあるそうです。

 

 

 

【二酸化硫黄】
石炭や石油を燃焼させたら発生する汚染もの質が二酸化硫黄(SO2)になります。

 

硫黄と名前が付いているだけあって、鼻を刺激する卵が腐った様な臭いがするのが特徴的です。

 

幾らか昔、四日市ぜんそくが公害によってもたらされましたが、これは二酸化硫黄の大気汚染が原因だったと言われています。

 

 

 

この他にも光化学オキシダントや一酸化炭素等の大気汚染もの質が有ります。

 

とっても人体に影響を生みだすもの質が多いですので健康被害にあわない内にも大気汚染を出さない様に防止する事が大切なのです。

 

 

 

 

「水質汚染」について

世界中で一番最初に誕生したのが海や川や湖といった水ものです。

 

水は私達人間を始め色んな動植ものに対して金と恵みを与えていただけるずいぶん大切なものなのです。

 

それでも今は地球問題にもなっている環境破壊によって水質汚染されているという状態になっているのです。

 

こんな地球問題は放っておくと困難事になりますが、案の定どうすればこの現状を打破出来るのかという事が問題視されています。

 

人間の身体の約7割近くが水分だと言われています。

 

また睡眠中にコップ1杯程の汗をかくとも言われています。

 

そういった事からも水が無ければ人間は生きていく事が出来ません。

 

但し水は無制限に見て取れるものまずは有りません。

 

限りある資源なのですが、それを忘れて仕舞う人が多いのも事実です。

 

そうして当方日本人は水質汚染に関してクリティカルだと感じていない人が多い様です。

 

日本の水はキレイで安心、水道の水もただただ飲めるという様に水がキレイだからです。

 

それでもこれは日本だからだという話も有ります。

 

世界の中まずはキレイな水が飲めないという国も多いです。

 

生活排水、工場排水といった水を飲んでいる国もあるそうです。

 

そういった事を見ていると日本人は恵まれているなと感じますよね。

 

そんな大切な水を汚染してしまうから酷いですよね。

 

美味しい水が飲めなくなってしまうのです。

 

いつでも在るものと思わないで、限りある資源を続ける様にして水資源を守って出向く必要が有ります。

 

その為には水についてちゃんとわかる事から始めてみてはいかがでしょうか。

関連ページ

地球の環境問題について
「ヒート・アイランド現象」について、イベント大好きコロマン
このまま地球温暖化が続いた場合
地球環境問題とは、イベント大好きコロマン
地球温暖化が近寄ってきています
地球温暖化の対策を始めよう、イベント大好きコロマン
「環境ホルモン」について
「異常気象」について、イベント大好きコロマン
生活の中でCO2を削減していきましょう
生活の中でCO2を削減していきましょう4、イベント大好きコロマン
ゴミを減らす為の4R運動
ゴミを減らそう、イベント大好きコロマン
日常生活で大気汚染を防止する方法
このまま地球温暖化が続いた場合2、イベント大好きコロマン