WiMAX2+の料金をプロバイダー毎に比較します。どこがお得か一目瞭然!

インターネットを始めるならば、光ファイバーの回線でしょう。

 

電話回線のメタルと比べると本当に、回線のスピードが違います。

 

光回線で各社の契約をする時にはどこの光回線がよいか比較検討してみることが重要です。

 

一番ポピュラーな光回線はNTTの回線でフレッツ光です。

 

 

日本中の全部地域ではありませんが、カバーエリアの広さは一番でしょう。

 

それからKDDIが提供している「auひかり」ですかね。

 

NTTとKDDIを比較してみましょう。

 

光回線網を提供しているのはインターネット接続サービス業者です。

 

 

これは自宅からNTTまでの接続工事を行っていると考えていいでしょう。

 

実際にインターネットに接続する時にはプロバイダーとの契約が必要になります。

 

NTTでもauひかりでもプロバイダーはどこでも選ぶことができます。

 

光ファイバー回線にすることによってADSLよりもスピードは上がるのですが、プロバイダーの回線状況によってスピードの差があります。

 

 

つまり、接続するプロバイダー選びも重要ということです。

 

もちろん、光回線の月額利用料は回線接続のプロバイダーとは関係ありません。

 

また、スピードはPCスペックなども影響しますから、単純な数値だけ見てもわからないことが多いのです。

 

 

実際に光回線を選定する時には料金や特典割引などを比較検討するのがいいでしょう。

 

回線料金は毎月のことですから、その額の開きは大きくなります。

 

 

また、特典キャンペーンは最初の1年目とか数か月だけの場合が宣伝でもほとんどですから、キャンペーン終了後の金額について考えておくことが大事です。

 

 

インターネットが光回線になってしまうと、もう遅いメタル回線には戻れないと思ってください。

ブロードバンド(高速なネット通信)の時代がやってきたと頻繁に言われます。

 

これはいったいどのようなことなのでしょうか。

 

インターネットの世界に接続する時にはネットのスピードによって、送信することができる情報のデータ通信量が決まります。

 

 

早い方がより多くのデータを送信することができるのです。

 

メタル回線と光ファイバー回線を比較すると光回線の方が速度は速くなります。

 

 

そのために、最近の固定回線のインターネット契約を見るとほとんどが光ネット回線になってきました。

 

もちろん、電話のメタル回線でも技術の発展によって、データ回線のスピードがアップされています。

 

 

しかし、安定したスピードを求めるのであれば、光ファイバー回線を選択すべきでしょう。

 

光ファイバーでもNTTやKDDIなどを比べてみると、多少違っています。

 

 

また、同じ回線業者でもプランによって速度と利用料がちがっているのです。

 

あなたが必要としているスピードを満足できるようにサービスを選ばなければなりません。

 

 

また、不必要なスピードを確保しても利用料の無駄になってしまう場合もあります。

 

高速通信のブロードバンドになると動画の配信や音楽配信などが支障なく行えるようになります。

 

 

しかし、パソコンのパワーが不十分であったりすると、正常に再生利用できないケースもあるのです。

 

できることなら、光ファイバー回線に変更する時に通信機器も新しいものに買い替えて新しくしたいものです。

 

 

プロバイダーによっては、申込み時のプランで無料パソコンをレンタル利用できることもあります。

 

特定のキャンペーンなどで格安価格料金となる場合もありますから、いろいろと検討してみるといいでしょう。

 

 

日本中の人がインターネットに接続する日もそう遠くないでしょう。

WiMAXはこれからなくなりWiMAX2+に完全移行される日が数年後には来ます。

 

WiMAX2+をその身でかんじてしまうとその速さに驚きます。

 

 

なぜなら体感では光回線のスピードと同等なのだから。

 

皆さん~Mbpsとかの指標だけを頼りにしていて、本質的にどれくらいなら人の感覚では速いと感じるのかをあまり良くわかってないのではないのではないかと思います。

 

 

銅線や電話回線ならまだしも光回線やWiMAX2+(理論値で下り最大220Mbps)になったのですから下りの一番遅い場合でも4~6Mbps出るのが普通です。

 

 

だがしかしこの状態でもサイト表示速度は別に遅くないし、YouTube動画も遅延なく再生できます。

 

なんの支障もないのですよね、普通は。

 

 

オンゲーをやるとなると話が変わってきますが、これはあくまでも一番遅い場合の話なので、通常なら更に速度は速くなります。

 

 

よって最低速度でもWiMAX2+は遅いと感じることはまず無いのです。

 

 

計測結果だけを見てWiMAX2+は10Mbpsちょいしか出ないから遅いとか20Mbps出ててもずっとその速度が保証されるわけではないんだろ?とかのたまっている人は、そもそも回線速度というものがどういうものかよくわかってないだけです。

 

 

ネット回線は人間の感覚の尺度からするととても速すぎて、速いか遅いかなんて肌で感じ取ることはできないのです。

 

 

つまり最低限の速度が出ていればほぼ体感としては速度の上下なんてわかりゃしないのです。

 

リアルタイム同期が必要なゲームをインターネットを介してやるならまだしも、そうでない人が無線通信は遅いとか言っているのは全くもって見当違いも甚だしいですね。

 

 

WiMAX2+を契約しようか迷っている人はこういったよく物事を理解せずに発言している人の言葉に勘違いさせられないようにしましょう。

 

普通に光ファイバーと同様の速度でサイトも見れるし、動画をストリーミング再生できるので、安心してくださいい。

続きを読む≫ 2015/12/20 16:13:20 WiMAX2+の感想

インターネットをはじめるなら光ファイバー回線でしょう。

 

メタル回線と比較すると全く圧倒的に回線スピードが違います。

 

ネットで光回線で契約する時にはどこの会社の光ファイバー通信回線がよいか比較してみることが大変重要です。

 

もっともポピュラーな光回線はNTTの回線でフレッツ光です。

 

 

日本中の全部ではありませんが、提供しているカバーエリアの広さはNTTが一番でしょう。

 

それから、もう一つ、KDDIが提供している「auひかり」ですかね。

 

NTTとKDDIを比較してみましょう。

 

光回線網を提供しているのはインターネット接続のプロバイダーサービス業者です。

 

 

これは自分の家からNTTまでの接続工事を施工していると考えていいでしょう。

 

実際にインターネットにつなげるにはネット回線のプロバイダーとの契約が必要になります。

 

NTTでもKDDIauひかりでもプロバイダーは自分で自由に選ぶことができます。

 

光ファイバー回線にすることによってADSLよりも通信のスピードは上がるのですが、プロバイダー自体の回線装置状況によってスピードの差があります。

 

 

要するに、プロバイダー選びも大切ということです。

 

ほんとうは、光固定回線の月額の利用料は回線接続のプロバイダーとは関係ありません。

 

また、スピードはPCスペックなども影響しますから、単純な数値だけ見ても不明なことが多いのです。

 

 

実際に光回線を選定する時には初期費用やキャンペーンでも割引などを比較してみるのがいいでしょう。

 

回線料金は毎月のことですから、その金額の開きは小さく無いでしょう。

 

 

また、割り行きキャンペーンは最初の数か月だけ、1年目だけとかの場合がほとんどですから、キャンペーン後の金額について知っておくことが大事です。

 

 

インターネットが光ファイバー回線になってしまうと、もう遅い電話回線のメタルには戻れないと思ってください。

先日「WiMAX2+って最高」って記事を書いてWiMAX2+を褒めちぎっていたんですが、正直なところ契約するまでは意外と悩んでいたんです。

 

WiMAX2+が気になりだしてから実際に契約するまではなかなか迷い長い時間をネットにあるレビュー記事を読むことに費やしました。

 

私が参考にした記事は「【WiMAX2+】モバイルルーターWX01を1週間使ってみた感想」です。

 

このページだけでなくこのサイトの他のページも見ましたが、↑が一番まとまっていたんで代表としてリンクを載せておきます。

 

他にも公式を読んでみたり、代理店?プロバイダかな、とにかくWiMAX2+というサービスを販売しているところのサイトを色々見てみましたよ。さんこうにしたサイトは大体がとくとくBBとSo-net押しだったんで、私はSo-netにしました。

 

キャッシュバックも多かったのが決め手ですが、あとはなんとなくサイトの雰囲気が良かったのでSo-netにしました。やっぱり最後はフィーリングですね。

 

料金はどこも変わらないみたいでしたから、最後は気分です。

 

さて、WiMAX2+を使ってみて先日は興奮していたので、ヘンな感想記事を更新してしまいましたが、今回はもう少しちゃんと書いてみます。

 

WiMAX2+で良かったところはなんといっても無線であること。

 

無線なので持ち運び自由だし、モバイルルーターのセッティングしたらその瞬間からインターネットが使えて、回線工事なんていう有線のインターネット回線にはつきものの煩わしいことも無いのが良かったですね。

 

速度も参考にしたサイトと同じような結果になりました。大体20Mbps前後出ていたので光回線と変わりませんねほとんど。

 

夜に混雑する時間帯はもうちょっと遅くなりますが、体感で分かる程ではなかったです。

 

動画も見れるし、サイトは素早く表示されるしで今のところ満足してます。

 

通信が途切れることも今のところ全く無いので、生放送とかも安心して見続けられて嬉しいです。

 

とまあ具体的な感想はこんなところでしょうか。皆さんもWiMAX2+良いかもしれませんよ。

 

それじゃ、ここまで読んでくれてありがとっ。

続きを読む≫ 2015/12/14 23:31:14 WiMAX2+の感想

こんな商品がずっと欲しかった!現代までに拝むことのできなかった斬新な機器。

 

WiMAX2+の溢れんばかりの馬力に引き付けられて買うに至りました。たくさんの場面で張り切ってくれる様子でびっくりしています。

 

先代のWiMAXのころはもう少しのところで何かが足りていなかった。

 

ここがこうなっていると便利なのにこの瞬間に使えたら心地良いだろうなと思うことが何回かあったように思います。

 

このWiMAX2+は「あんな風だったら良いな」その望みを完全にきいてもらったと言えます。

 

性能は極上ひとたび使用し始めると時の流れも気がつかず熱中になってしまった。

 

この品物を発明した人物たちは賢才ではないかと思った。

 

ありふれた生活が綺麗な光彩に変わった気がします。

 

自然形態の輝きに魂が震える毎日です。

 

色と色との相性また1か所の色の内部に存在する計り知れないマーブル。

 

この箇所が直視できたとき私の頭で何かが弾けました。

 

知らない間に消えてしまった潤いがまるで噴水かのようにブクブクと音を立てながら噴出し出しました。

 

今ではこのアイテムが無いような日常なんて考えられません。

 

繊細な商品ということもあって運送中の落下や振動などで故障したりなどもあるかもと心配に感じたけど完璧に対応してあって安堵しました。

 

まるっきり不備は見られません。立派な機器でした。

続きを読む≫ 2015/12/06 16:09:06 WiMAX2+の感想